Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

ブラック企業大賞なるものがあることをご存じでしょうか。ホワイトだ、ブラックだ、などといっても仕方ありませんが、東京都議会がブラック企業にノミネートされました。塩村議員への「子供自分が産めばいいじゃないか」ヤジなどは世間でもかなり話題になりましたよね。

ブラック企業の画像

たしかに通常の企業での発言だったら、セクハラで訴えられて、慰謝料請求されてもおかしくないレベルの発言ですね。

ブラック企業大賞にノミネートされるとは?

ブラック企業大賞とは、労働基準法に反するレベルの過重労働やパワハラ、給料未払いなどを基準に企業を「ブラック」に表彰することにより、社会の健全化を目的につくられた賞です。

国の中核ともいえる東京都議会がブラック企業にノミネートされるなんて、なんだか皮肉にも思えますね。ブラック企業大賞は2012年からスタートした賞で、受賞した企業にはなんとも有難くない賞ですね。

ブラック企業は内部から滅びる・・

近頃就活をする学生内でも「あそこはブラック企業だ」「あそこは大丈夫だ」なんて全てネットを通じてひろがっていますからね。

求人を求めても、ブラック企業認定されてしまうと、優秀な人材がそろわないので、内面から崩れて行くので企業側も必死にならなくてはなりませんね。

過労死など最悪の事態も

違法派遣やパワハラ、過労死などもノミネート対象になるので、飲食店チェーンなんか大変ですね。人件費削減で過労死、過労自殺なんて最近では珍しい話ではないですからね。

大手牛丼チェーンは従業員への扱いで問題になりましたからね。

都議会ヤジには戒めが必要?

都議会ヤジ問題は日本にとって恥ずべき行為であり、ある程度の戒めの意味をこめて、今回は特別ノミネートしたとのことです。

一般投票も行われており、ネットをつかうと誰でも投票できます。

他にも8社がエントリー

他にエントリーされたのは、長時間勤務で従業員を過労死させた、居酒屋チェーン店や社内の不正を訴えた結果、不当な解雇を言い渡されてしまった、8社がエントリーされました。

よりクリーンな社会へ

企業や団体と呼ばれるものは表向きの顔と、裏向きの顔がありますからね。なんとなく「ブラックだ」「ホワイトだ」って定義づけすること自体が幼稚な気もしますが、社会のクリーン化や情報公開はこれから義務付けられてくるでしょう。

都議会のノミネートはかなり皮肉めいていますけど、これをいい機会にクリーンな国会を目指してほしいですね。