Pocket

この記事は約 1 2 秒で読めます。

40代転職率が上昇中

40代
40代での転職者が増えてきています。「今よりももっと待遇の良い会社があるのではなかろうか」。そう考える人は後を絶たちません。
実際40代での転職の実態とはどんなものなのか、理想と現実をどう折り合いをつけていけばいいのか、悩ましい問題です。40代で転職先があるのかというと、現状は厳しく、30代の転職者でもなかなか採用を貰えないのが現実です。

転職セミナーを活用

新しい職を探す手段の一つに転職を支援しているセミナーなどの参加するという方法があります。
セミナーなどのイベントで担当者と話すことによって、転職に対するメリットやデメリットが良く見えてきます。
そのような場所に通うことにより、転職の情報源が入ってくるので大変参考になります。新聞やハローワークで転職を考えていても、なかなか年齢制限の壁に挟まれる人も多いはずです。
そんな時は転職サイトなるのもが有効になってきます。転職サイトを利用すれば、登録をしていて、企業との条件があうと、話がスムーズに進むことが多いようです。

企業が40代転職者に求めていることとは?

企業は40代転職者には、20代、30代転職者よりも管理力、実務能力を多く求める傾向にあるようです。
これまで培ったスキルを活かして、転職先での業務をこなしていく。しかし、企業も年齢重視の考え方が先行しています。転職先を探そうと思えば、それだけの努力と労力を必要とします。

人材紹介会社という道

人材紹介会社というものを利用するのも一つの手です。
「新聞やハローワークではなかなか転職先を見つけられない。」「転職は30代までにするものだ。」一般的にはそう云われていますが、40代の求人も少なからずあります。
40代で転職しても、定年の60代まで20年働かなければなりません。人材紹介会社などが紹介してくれている企業に転職を考えるのも一つの手かもしれません。



人生細く長く

40代での転職の実態は大変厳しいものです。不可能ではないですが、現在勤めている企業でもう少し頑張れるなら、そちらの方が良いように思えます。
不況のあおりで派遣切りなどが平気で行われているなか、転職をおこなうのは大変勇気の必要なことです。
一からのスタートがしたい、そんな時に転職を考えます。細く長く物事を考える、転職を逃げ道として考えているなら、もしかしたら現在の企業に勤めている方が賢い選択と言えるかもしれません。