Pocket

この記事は約 1 6 秒で読めます。

ウミウシとは一体どんな生物なのか?

ウミウシ
鮮やかな色をしたウミウシ、海に行くと水の中でナメクジのように這っている、そんなウミウシを紹介します。
ウミウシは後鰓類で貝殻が体のなかにあります。ウミウシは巻貝の仲間に含まれます。種類によっては食することも出来ますが、ウミウシは海藻などを食べる際、毒素を体内に溜める習性があるので、一般の方は食べないで下さい。

ウミウシの不思議な生態

ウミウシ、彼らは肉食の種類も存在していれば、草食の種類も存在しています。
ウミウシのなかにはウミウシを食べて生活をするという、共食いをする種類もいます。まるで某有名芥川賞作家の題名みたいなウミウシも存在するわけです。
派手な色をしたウミウシには毒性があるものが多く、自然界には派手な色をしたものは大抵毒があるという、基本的なルールが存在しています。
「私を食べると毒があるから痛い目を見るよ」と自己主張しているみたいで面白いですね。特殊なウミウシでは刺胞動物を食して、背面に装備して大敵から防御する種類や、葉緑体を取り込んで光合成する種類など、とても面白い生き物です。

男女関係ない!?放埓な性生活

ウミウシは雄雌同体ですが、別の個体同士で生殖活動を行います。
性器を切り離し生殖する種類も存在していて、二つの個体が二つの性を両立することにより、効率的に生殖活動を行って、子孫を増やしていきます。

あなたもウミウシを飼ってみませんか?

ウミウシは海辺に行けば簡単に手に入れることが出来ます。しかし、大変飼育は難しく、水族館などでも中々上手く飼育することができません。
ですが、不可能ではありません。ウミウシの種類を調べて、そのウミウシが何を食して生活しているのか、それさえ知れば飼育することは不可能ではありません。
残念ながら作られた餌をウミウシは食べることが出来ません。食べる物は様々でカイメンやヒドロ虫、コケムシ、ホヤなどを食べます。アメフラシ類などは海藻などを食べるので、飼育には向いていると思います。


(海水 無脊椎)タテヒダイボウミウシ(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

不思議地球の神秘

生物というものは面白いものです。どうしてこの生物に様々な機能がついているのか、考えただけでもゾクゾクします。
全ての機能にはその生物が生きていく為に必要な理由が存在しています。テレビや本で解説されるもの面白いですが、自分の頭で、なんでこの生物は、こんな生き方をしているのだろうと考えるのも、一つの楽しみ方かもしれません。
ウミウシのように無意味に思える色や形に、地球の不思議が詰め込まれています。