Pocket

この記事は約 1 13 秒で読めます。

彼氏彼女の作り方、そんな理想的な理論があったら、どんなにいいことでしょう。現在は高齢者社会ではなく、人口減少社会になりました。

彼氏彼女の画像

恋愛しない男女が増えて、結婚しても子供を2人以上は産みません。「彼女諦め男子」なるものも存在して、現在彼女のいない男性のなんと52パーセントが彼女を諦めているのが現状です。

御一人様系や二次元幻想に浸る若者

「御一人様系」の女子の出没や「二次元幻想に浸る若者」などの影響で、恋愛そのものをしない男女が増えています。近頃の男性は性的不能者が多いと聞きます。

確かに面白いもので埋め尽くされていると、恋愛をしてわざわざ傷つこうなんて思わなくなるものかもしれません。

一重に現在の若者は「いい人」が多いのが実態です。恋愛に対しても相手に対する配慮はできますが、一歩踏み出そうとはしません。傷つくことを恐れている人が急増しているのです。

20代死ぬ気で恋する

20代に一度は人を死ぬ物狂いで愛せ、という考え方があります。20代というのは自分のことについてあまり多くのことを知りません。

なんとなく親のいうとおり、大学に行って、安定を求めて就職、もしくは働かないでニートをしている人も多いでしょう。

男性は社会性がないと恋愛しにくい

恋愛と結婚とは家庭での女性の交換が原理になっています。ですから男性の社会性が必要不可欠なわけです。

彼女はほしいけど、引きこもっているから出来ないという方、アルバイトでもいいからはじめてみましょう。

好きな人はいるけど、友達以上の関係になれないという方、嫌われることを恐れないで告白しましょう。

インターネットの影響で出会い急増

近頃ラインの影響で、出会いの数は増えているといっても過言ではないでしょう。連日ラインでのトラブルが報道されていますが、異性と知り合うにはとても便利なツールですね。

あまりにもしつこくすると、ストーカー扱いされますが、女性が悩んでいると、相談にのるなどして距離を縮めましょう。

二十歳を超えた女性はかなり不安を抱えているので、相談にのって、褒めてくれる男性に無条件に好感触をしめす傾向にあります。

ナンパや職場恋愛

ナンパなども一つの手ですが、美人局や素人がしても成功率は10パーセント以下らしいです。女性に対する経験を積むのもいいですが、基本的に職場での出会いが社会人には一番多いようですね。

女性のリードがカギになる?

男性の弱体化が叫ばれる現在では、女性からのアプローチはむしろ欠かせない状況になっているのではないでしょうか。好意を露わにされると、男性も「俺に興味があるのかな」と好意を抱いてくれます。

人に触れてはじめてうまれるもの

考え方や相性はありますが、「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」ということわざがあるように、人と触れてはじめて生まれるものもあるように思えますね。