Pocket

この記事は約 1 30 秒で読めます。

心が疲れた時、あなたはどんな方法で解消していますか。

心の余裕

人間関係が上手くいかない、仕事がいまいちだ、彼氏との関係がスムーズでない、容姿に自信が持てない。

心が疲れて、体の調子が悪い時はSOSが出ている証拠かもしれませんよ。

周りと比較しないことが大切

そんな時は、やはり周りの人間と比較して「自分はなんて惨めなんだ」とマイナス思考になりがちです。

周りの人間と比べるのは馬鹿馬鹿しいと思いませんか。「世界の一つだけの花」ではないですけど、周りの人間と比べ、悩んでいる姿は大変痛ましい光景です。

一度に沢山のものを得ようとしない

一度に沢山のものを得ようとすると、無理がきてしまい、心が疲れてマイナス思考に向かいがちです。

そんな時は出来るだけ、身近にあることから解決していきましょう。掃除をしたり、資格の勉強をしたり、出来ることをコツコツと重ねることで、大きな自信に繫がっていきます。

小さなことをないがしろにしない人が、いずれ大きな仕事を成し遂げるのです。「千里の道も一歩から」まずは出来ることから始めることが、憂鬱な気分を解消して、成功や理想へと近づかせてくれます。

好きなことからはじめてリフレッシュ

無理に行動する必要はありません。まずは自分の好きなことから始めましょう。映画を観るのが好きな人は映画を観て、本を読むのが好きな人は本を読みましょう。

心が疲れている時は、何もしないでボーっと未来や過去に逃避するのも、次の一歩に繫がります。エネルギーを充電して、明日への力へと変えましょう。

人間は消費物なので、使ってばかりでは心も体もボロボロになります。休ませてあげて、エステやマッサージ、アロマをたいてみたり、プチオシャレをして街へ繰り出したりしましょう。

嫌いな人とは付き合わない

嫌いな人とは無理に付き合わないことも、エネルギーを吸い取られないことを維持するために重要です。

嫌いな人とはなるべく接点を持たないようにして、自分の心のバランスを保ちましょう。

自身の持てるものを探す

ある程度の自分への自信は必要なものです。自身を失った時、人は弱り、将来を創造する力を失ってしまいます

そんな時こそ好きなことにトコトンのめり込みましょう。現実逃避にもなりますし、スキルが上がれば自信にも繋がります。

協調性を持ちすぎない

協調性にこだわりすぎないことも、自分を元気に保つうえで重要になります。

協調性や周りに配慮できる心は素晴らしいですが、時に自分の身を削る場合もあります。嫌なことには嫌われることを恐れないで、断ることも重要になってくるでしょう。

健康管理が重要

健康はポジティブに生きる為にもっとも重要なことです。健康管理に自身の無い人は、睡眠時間や日々の食事を変えるだけでも、効果は絶大です。

時には適当に生きてみる

人生を適当に生きてみることも重要です。社会や人間関係なんてものは、とても適当に出来ているものです。

真面目にコツコツ生きることも重要ですが、時には不真面目になって、心のリズムを整えることも重要ですよ。

面白いものに触れる

なにか面白いものに触れると、人間はプラスのエネルギーを溜めることが出来ます。好きなお笑い番組を観たり、ギャグ漫画読みふけったり、自然に笑顔を作れるようにしましょう。

心が弱っている時は、とりあえず休む

心が弱っている時は、マイナス思考になり、将来を悲観しがちです。自分にはあらゆる可能性が眠っていることに気が付きにくくもなります。

疲れた時は、休むことが最も必要ですね。