Pocket

この記事は約 1 14 秒で読めます。

片岡鶴太郎さんが激やせして、病気なのではないか、そんな噂が飛び交っていますが、実体はどんなんでしょうか。

片岡鶴太郎の画像

お笑い芸人として活躍していましたが、演技の世界での、絵の世界でもマルチな才能をみせて、「カッコ渋いおじさん」として、尊敬の念を寄せる人も多い片岡鶴太郎さんです。

片岡絵の画像

片岡鶴太郎(プロフィール)

  • 1954年12月21日の59歳
  • 本名 荻野 繁雄(おぎの しげお)
  • 職業 俳優 お笑い芸人 画家
  • 身長 161センチ 体重 47キロ

絵を描く時は左手

体重が47キロなんですね。確かに小柄な人ですが、少しだけ体重が少なすぎるかもしれませんね。プロボクサーでもあるんですね。

絵を描く時は左手を使うそうですよ。「鶴ちゃん」のニックネームでお茶の間の人気者でもあります。

読字障害を抱えながらの学生生活

読字障害を学生時代患っていたらしく、字が読めないので大変苦労したそうです。なんだかの才能は、発達障害などで現れるケースが多くありますね。

ブラッドピッドも発達障害を患っていたらしいですよ。芸能人や作家や芸術家には何かの脳の欠陥がある場合が多いですね。

ウエストを絞る

「ダウンタウンDX」で片岡鶴太郎さんはウエストを54センチまで絞ったと公言していました。プロボクサーだった片岡鶴太郎さんは、ウエストを絞ることに意味を感じていたのでしょうか。

古代インドヨガでのダイエット

実は「古代インドヨガ」を始めたらしく、老化防止の為に体を絞りはじめたらしいんです。「古代インドヨガ」は鼻呼吸でヨガをします。

鼻で吸って鼻で吐いてを繰り返し、腹筋を使って運動するそうです。時には逆立ちになり、五分間キープするなど、大変しんどい運動もするそうです。

絵の才能の開花は「読字障害が原因」

読字障害のおかげで、絵の才能がうまれたのではないか、そんな憶測があります。才能とはもろ刃の刃なので、本人を苦しめる場合が少なからずあります。

才能を持って、それを社会に適応させた人のことを私達は、「天才」と呼ぶのかもしれませんね。

「橋本病」を患う

片岡鶴太郎さんは「橋本病」という病気を患ったという情報もあります。体がむくんだり、皮膚が乾燥したり、無気力になったり、結構大変な病気だそうです。

グレープフルーツ毎日食べる

それに毎日グレープフルーツを食べているそうです。グレープフルーツにはクエン酸が含ませており、クエン酸のダイエット効果で、痩せてしまったのではないか、そんな憶測があります。

朝にグレープフルーツを食べると、夜ものを食べなくて済むそうです。

少し太っている方が長生きしますよ

プロボクサーをしていて、元々食事制限をする癖がついていたそうですね。しかし、無理な減量は体に毒ですね。

年をとると、少し太っている方が長生きすると聞きますし、もう少し食べて太ってもいいのではないでしょうかね。