Pocket

この記事は約 1 7 秒で読めます。

ママ友いじめそんな言葉が流行るようになりましたね。仲間はずれにされて、はぶられてしまう、そんなお悩みが相次いでいます。

ママ友の画像

これまで仲良くしていたのに、ふとしたきっかけで、はぶられてしまう、女性の性質は大人になっても変わらないのかもしれませんね。

江角マキコ「ママ友いじめのターゲット」

出る杭打たれるのはどの世界でも一緒ですね。江角マキコがママ友虐めを受けているとして、ネットでも大変話題になりました。

「江角マキコならボスになれるじゃん」とお思いの方、ママ友の世界にはそれを屈することのできるボスが存在しているのです。

誰とでも明るく振舞う

そんなママ友いじめを回避する方法を紹介したいと思います。誰とでも明るく接することがまず必要なようですね。

人の悪口を云い、過度に自慢をするなど、ママ友いじめの対象になるので避けましょう。

目立たないことが必要

なるべく目立たない存在になることも必要なものです。時に空気のように周りに同調して、相手として無害な存在であることを知らせてあげましょう。

でしゃばり過ぎると、必ず後でしっぺ返しが来ます。女性は自分より幸せな人間を見ると、大変不愉快な気持ちにさせられます。

男性も同様ですが、女性の場合、群れなければ生活しにくい部分があるので、時には空気を読む側になる必要があります。

「ヤバい」と思ったら距離を・・

距離をあけることが必要になってきます。人間あまりに近くにいると、相手のあらが見え隠れして、苛立ちを募らせることが多くあります。

「これはヤバい」と思ったら、いったん距離をあけて、様子をみましょう。やぶへびをつついて、噛まれないようにするのも、賢い女性の生き方です。

体調が優れない時は「カウンセラー」へ

虐めを受けて、体調が崩れ出した、そんな時には専門のカウンセラーに駆け込みましょう。相手はプロなので、的確なアドバイスをしてくれます。

関係につまずいてしまった時、思い切ってその関係を切ってしまうのも、一つの解消法でもあります。

ママ友いじめの傾向

ママ友いじめの傾向に最初は仲が良かったのに、徐々に悪くなり、お互いを嫌悪する状態になることが多くあるそうです。

子供との関係もあるので、なかなか縁を切ること難しいと思います。

無理しないで人間関係を切ることも必要

無理して人間関係を維持しようと考えないことが、ママ友いじめのストレスから解消される、最高の逃げ道ではないでしょうか。

ママ友いじめにあった時、精神を病む人も少なくありません。確かに人間関係も必要ですが、まずは自分の体調が第一ですね。