Pocket

この記事は約 1 6 秒で読めます。

歳をとればなんだかの病気に侵されます。中痛風を患い、かなりの苦悩を味わっているか方も多いのではないでしょうか。

痛風の画像

自分の足が痛んでしょうがない、しかし、痛風には行ってはいけない行為があります。今回はそれを紹介して、少しでも痛風の悩みの改善に役立てば幸いです。

患部を揉まない

患部をつい揉んでしまいがちですが、痛風の発作が起こった時、もっともしてはいけない行為です。触らないことを心掛けた方がよいでしょう。

揉んでしまったら、痛風は悪化してします。

熱いお風呂は絶対ダメ

痛風の発作が起こった時、熱いお風呂に入って解消しようとする行為は、まさに自殺行為といえるでしょう。

痛風は血行が良くなると、痛みが増して腫れも酷くなります。一時的には風呂に入ることで解消されるかもしれませんが、大きなしっぺ返しを食らうことになります。

アルコールを飲むのは自殺行為

アルコール類は絶対駄目です。より痛みが増すでしょう。晩酌好きのお父さんも痛みを感じないためには我慢しましょう。

温かい湿布はよくない

温かい湿布などは禁物です。血行を良くすることは、風呂と同様痛風の痛みを増大させることになります。

水分補給を忘れずに

痛風は尿素が沢山たまることから起こります。ですから水分補給をして、体内の尿素を吐きだしてやらなければなりません。

しかし、水分補給にも注意が必要です。あまり冷たい水を飲み過ぎると、体を冷やしてしまいがちになり、体に負担がかかります。常温の水を飲むように心がけましょう。

しかも、体温が冷えてしまうと、胃や腸の活動が下がり、尿素がより溜まりやすい状態になってしまいます。

動かすと血液が足に集中

出来るだけ動かさないことも必要になってきます。立って歩いていたりすると、どうしても足に血行がいってしまいがちです。

安静にしていることをおすすめします。デスクワークの人は、足を時々持ち上げるなどの行為をすると、足の血液が全体に回るので、痛みが緩和されます。

病院で早期治療をおすすめします

痛風の発作は夕食後にもっとも起こるとされています。できるだけ、お医者さんを訪ねることをおすすめします。

時期が来れば、症状は緩和することはありますが、不安な要素は出来るだけ日常では感じたくないものですね。

内科でも外科でも両方治療してくれるそうです。病気は早期治療がもっとも有効です。

痛風についてもっと詳しく解説しているサイトはこちらです。