Pocket

この記事は約 1 13 秒で読めます。

押尾学は一時期かなり、ワイドショウなどで取り上げられたりしましたね。現在あまりテレビでも話題にならなくなりましたが、現在はなにをして生活をしているのでしょう。

押尾学の画像

テレビドラマにも引っ張りだこ、人気俳優として活躍していましたが、麻薬事件など悪い噂も飛び交って、芸能界から追放されました。

ホステスとMDMA使用で逮捕

事件は2009年に起こったんですね。合成麻薬のMDMAを高級マンションでホステスと使用した事件がありました。

ホステスは意識不明になってそのまま死亡してしまうんですね。押尾学は意識不明のホステスを放置したしたとして、かなり問題になりましたね。

隠ぺい工作が報道されて・・・

マネージャーを使って事件を隠ぺいしようとして、それも報道されました。2012年に最高裁にて実刑判決をくだされるんですね。

2012年の3月29日からは刑務所生活がスタートしてしまいます。

押尾学獄中の生活

押尾学の刑務所での生活は、4時30分に起床して、5時から工場で働くそうです。それまま午後の5時まで働いて、9時に寝るそうです。一般的な受刑者とさほど変わりませんね。

酷い生活実態

押尾学の入っている刑務所では冷暖房はないそうで、夏はむせるように暑く、冬は寒いそうです。

トイレからは異臭が立ち込めて、洗面所の排水溝にはハエが飛び交っているそうです。かなりの不衛生な環境での生活だそうです。

新たな道を歩みたい

本人は芸能界に復活したいと云っていたそうなんですが、最近になり、芸能界復帰を諦めて、通信教育にはげんで、新たな人生を構築している最中です。

本を書きたいが全てを書けない

刑務所の実態は検閲がはいり、全ての事実が書けないそうです。後藤真紀の弟など、獄中生活を本にして出版したりなどしましたね。

ホリエモンも獄中生活を本にしていますね。悪い時期というのは、案外人生経験を積むいい機会にもなりますから、バネにして今後にいかしてほしいですね。

有名人のイジメは酷過ぎる

有名人は獄中では虐められやすいらしく、押尾学もかなりのターゲットにされているとかです。おかずなどを先輩にとられるなどは、日常茶飯事だそうですよ。

ご飯の中に精子をかけられるなど、ほぼ人権などないような虐めもあるとか、暴力なんて当たり前だそうです。

刑務官も嫌がらせも・・

「使えねーな屑が」と毎日のように浴びせかけられると精神的にかなりまいってくるそうです。

押尾学は閉所恐怖症だそうですね、それを知って独房に入れられて、嫌がらせを受けるなど、獄中生活は最悪だそうです。

獄中生活、本にしてほしいですね

刑務官などの嫌がらせなど、かなり問題な部分まであるそうで、押尾学が獄中から出所して、本などを出版すると、その部分も大きく書かれるかもしれませんね。

「押尾学、獄中からの手紙の動画」