Pocket

この記事は約 0 59 秒で読めます。

外来生物が日本にくることは大変恐ろしいことでもありますね。強い毒性を持っているセアカゴケグモが東京の三鷹市で発見されました。見つけても絶対に触らないでくださいね。

セアカゴケグモの画像

三鷹市マンションで発見、厳戒注意

発見されたのは、24日です。三鷹市のマンションの敷地内で、セアカゴケグモは発見されました。背中にひし形のような赤い模様があり、丸いお尻をして、長い手先をしています。

住民発見、東京都に連絡

住民が「セアカゴケグモがいるんじゃないか」と東京都に連絡をして、発見にいたりました。三鷹市はその後も調査して、付近の公園内に十数匹ほどのセアカゴケグモを発見したそうです。

現在のところ被害者ゼロ、しかし・・・

現在のところ、セアカゴケグモの影響で被害にあっている人はいませんが、これから被害がでないとも限りません。好奇心旺盛な子供などは、つい手を伸ばしがちになるので注意が必要ですね。

オーストラリアの外来種

このセアカゴケグモはオーストラリアに棲息していた品種です。実は平成7年に大阪市で発見されているのですね。

全国の34府県で実はこれまで発見されており、東京で見つかったのは今回がはじめてだということです。

刺されると全身に激痛が走る

体長は1センチほどなので、一見すると他の蜘蛛と区別がつかない可能性があります。かまれると、激しい頭痛がして吐き気を感じる場合が多くあります。重度のなると激しい痛みが全身を襲うそうですよ。

幼児、虚弱体質の方が噛まれると重症化

幼児や子供が噛まれると、重症化しやすく、虚弱体質の人がさされると症状はかなり深刻です。幼児が噛まれた場合、泣き叫び、けいれんを繰り返します。

発疹などがでるので、噛まれた疑いがある場合は、直ぐにお医者さんに行きましょう。

見つけても手を触れないでください

東京ではこの他にもセアカゴケグモがいるとして、住民に対して警戒を発表しています。触ることも危険なので、見つけても手を触れないで下さい。

外来種の密輸は絶対ダメ

外来品種など、コレクターが密輸して、そのまま放置、野性化するパターンも多くあります。

飛行機内に入って、そのまま来日することも多くありますが、危険な生物の密輸には大変注意してほしいものですね。

「セアカゴケグモ三鷹市で発見の動画」