Pocket

この記事は約 1 24 秒で読めます。

ポケモンのソーナンスを使うユーザーが増えているって知っていましたか。まるで、マスコットのようなモンスターですけど、本当に活用方があるのか、この記事で紹介したいと思います。

ソーナンスの画像

ソーナンス負のイメージ

ソーナンスと云えば、「使えない」「受け身しかとれない」「使い方が分からない」など負のイメージがつきまといがちです。しかし、ソーナンスは活用方法によっては、かなり有効なモンスターとなります。

「カウンター」「ミラーコート」最強

「カウンター」「ミラーコート」でシングルバトルを優位に進めることが出来ます。カイリュウが「りゅうのまい」をして、「げきりん」をしても、HPは四分の一ほど残る防御力と耐久力をほこっています。

努力値の振り分け

努力値の配分はもちろん、HP、防御、特防に振り分けます。HP320、防御85、特防75くらいにはなります。

持たせるアイテム

持たせるアイテムは、「たべのこし」か「オボンのみ」にしましょう。長期戦重視の場合、「たべのこし」の方がいいかもしれませんね。

大抵のモンスター一撃

「カウンター」「ミラーコート」で自分のHPを四分の一ほど削れば、大抵のモンスターは一撃で倒すことが可能でしょう。

変化技は「アンコール」で対応

もし相手が変化技を使用しようとした時、「アンコール」をして相手の出方を封じます。

もちろん「アンコール」で相手の変化技を封じるには、ポケモンに対する知識が必要になってきますが、「アンコール」をしたのち、こちらがモンスターを交換すれば、相手はモンスターを引っ込めるか、3ターン耐えるしか方法がなくなってしまいます。

ソーナンス最大の弱点

しかし、ソーナンスには最大の弱点があり、「みがわり」を覚えているモンスターと「いたずらのこころ」の特性を持っているモンスターには、歯が立たない部分があります。

「みがわり」をされたら、戦況がかなり不利になるので、モンスターを即座に変えて対応しましょう。

トリプル、ローテンションで大活躍

トリプルバトルやローテンションバトルでも大活躍です。ローテンションバトルでは、相手の行動の読みがかなり必要になってきますが、相手としてはかなり嫌なモンスターになるでしょう。

かげふみの使用は無限大

トリプルバトルでの活用方法は無限大です。特性「かげふみ」で相手のモンスター選択を完全に封じることが出来ますし、全体攻撃を相手が仕掛けてこようとした時、「カウンター」「ミラーコート」で封じることが出来ます。

攻撃系と充実させる

「あまえる」を覚えさせて、攻撃系モンスターを骨抜きにして、戦略を立てる方法もあります。しかし、トリプルバトルでの障害は、ソーナンスを完全無視されると、2対3になり、戦況は不利になります。

ですから、ソーナンス以外のモンスターは全体攻撃の出来る、強者を使用しないと、火力不足になるでしょう。

一度ソーナンス使用してみてはどうですか

ソーナンスはかなり癖のあるモンスターなので、メンバーに入れるか迷うところですけど、メンバーに入れると、バトルは多彩になり、よりポケモンの面白さが味わえるでしょう。

トリプルバトルなど、逆に防御系で構築して、「ほろびのうた」など使用しても面白い戦略が出来るでしょう。

「ソーナンスだけでチャンピオンを目指すの動画」