Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

秋が過ぎてもう冬の季節が到来します。皆さん体調管理はどうされていますか、ここのところ体調が優れない、寝つきが悪い、肌がカサつくなんて方多いのではないでしょうか。そんなあなたに体調管理のノウハウを伝授できれば嬉しく思います。

冬の画像

不眠症の方の解消術

寝つきが悪い方は、夜十時以降にパソコンやスマートフォンなどをつついていませんか。テレビなどでも報道されていますが、ブルーライトにあたっていると、体内時計が狂ってしまいます。

ブルーライト防護シートやブルーライト防護眼鏡などを着用して、パソコンやスマートフォンをつつきましょう。

熱いお湯に浸かり過ぎない

夜熱いお湯につかりたいとお思いの方も多いでしょう。しかし、あまりに熱いお湯を寝る前に浸かってしまいますと、神経が刺激されて、寝つきがかなり悪くなります。ですから寝る前に浸かるお湯は、少し温度を下げたお湯に浸かりましょう。

それでも改善しない場合

それでも改善しない方は、温かい牛乳を飲むなどするのも効果的です。それでも改善しない方は医師の診断の元で睡眠薬をだしてもらうといいでしょう。睡眠ができないと日常生活にかなり支障がきたしますからね。

出来るだけ厚着を心掛ける

体長が優れない時、あなたは薄着をしているのではないでしょうか。気温は寒くなっているのに、薄着をしていると、かぜの菌を体内に入れやすくなります。少しでも寒いなと感じたら、厚着をして体温を高めてあげましょう。

肌のカサつく季節

冬と云えば肌のカサつく季節です。ひび割れが出来て、カサカサしてむず痒い、そんな時あなたはどんな対処法をしているでしょうか。

熱いお湯は大敵

熱いお風呂は出来るだけ避けましょう。寒い季節熱いお風呂で体を温めたいのは分かりますが、肌の弱い方は熱いお風呂は大敵です。

風呂上りの対処法

風呂上りに乳液やワセリンなどを塗るなどして、保湿を保つのも一つの手です。よく化粧水などを使用する方も多いのですけど、化粧水では乾燥を防ぐことはできません。

ですから、乳液やワセリンなどを塗るのが効果的です。ワセリンなどは脂分が多いので、ニキビの気になる方は、医師の診断の元に使用した方がいいでしょう。

季節の変わり目は体調管理が大切

季節の変わり目は体調が崩れやすいものです。学生などは受験に控えて体調を維持しなければいけません。ほんの少しの心構えで、体調管理は上手にできるものなので、ベストな状態を維持したいですね。