Pocket

この記事は約 1 52 秒で読めます。

毎月〜2ヶ月に1度くらいの頻度で足を運ぶ美容室。人はヘアスタイルでイメージがかなり変わると言われています。
あなたは美容室にこだわりを持っていますか?せっかく髪を切ってもらうのであれば、自分にぴったりの美容室、さらに自分の髪のことを何よりも分かってくれる美容師さんを見つけたいですよね。

8b674cbaf1668bd8e66cd03ccc686e73db9457f9924cd76153d117897a21e4fd

日本ではダントツで東京の表参道にある美容室の美容師さんの技術レベルが高いです。

ヘアカタログで見かける、有名な美容室は全て東京の表参道に集結していると言っても過言ではありません。

では、そういう有名な美容室に行かなければ自分に似合う髪型を見つけることはできないのでしょうか?答えはもちろんNOです!

この記事では、表参道の有名美容師さんに直接聞いた自分に似合う髪型を見つけるポイントを紹介したいと思います。

可愛く攻める?それともコンプレックスをカバー?

人それぞれ持っているコンプレックスも違いますし、似合う髪型も違います。

一度行った美容室にずっと通い続けているあなたは、実は損をしている可能性があります。

というのも、今の美容師さんが本当にあなたに一番ぴったりの髪型を提供しているかどうかということはわからないからです。

髪型は、コンプレックスをカバーするべきなのか、それとも今の自分をより可愛く見せるために美容師さんにお願いするべきなのか、こういったことで悩んでいるのであれば、答えは簡単です。どっちも実現できるんです!

まずは以下のページをごらんください。
(※今回の記事の作成に協力してくれた表参道の有名美容師阿部さんの作品が見られるページです。よければサイトを見にいってみてくださいね。)

http://belle-cheveux.org/

こちらのモデルさんは、目鼻立ちがはっきりとしてハーフのような印象を受ける美人なモデルさんですが、意外に骨格がしっかりとしているので、顎のラインや頬骨がはっきりと出てしまうと顔が大きく見えてしまうそうです。

それが、グラデーションカラーで目線を下に持っていく仕掛けと、毛先の遊ばせ方の工夫でコンプレックスを完全にカバーしています。

また、同性からも異性からも高い好感度が期待できる「作り込みすぎない巻き髪スタイル」でモデルさんの魅力を最大限引き出しています。

自分に一番似合う髪型のオーダーのポイントとは?

美容師さんそれぞれに個性があり、センスがあるために一概に「全てお任せ」で1から10まで考えて髪の毛を切ってくれるというわけではありません。

思っていた髪型と違ってなんだか気に入らなかったという経験は誰にもあることでしょう。自分の求めている理想と、美容師の作ったスタイルの間に乖離があるとがっかりしてしまうものです。

それでは、自分の理想を叶えつつ新しい自分を発見できるようなカットはどのようにオーダーしたら実現できるのでしょうか?

まずは「コンプレックス」をしっかりと伝える

顔の形

美容師さんはある程度顔の形を考慮して切ってくれます。ですが、その人が本来持っているコンプレックスというものまで会話から読み取り、それに合わせたカットをしてくれる人というのは稀です。

なので、「私の顔の形は四角形で、左目だけ一重まぶたなのが気になっています。顔が四角く見えづらくて左目のコンプレックスをカバーできる髪型にしてください。」というような具体的なカバーしたい部分をはっきりさせたオーダーの仕方をすると、思い通りの髪型にカットしてもらえる場合が多いです。

理想の髪型の切り抜き、参考画像でもOK

さらに、ヘアカタログの切り抜きや携帯電話などで画像を見せられるといいでしょう。

レイヤースタイル、ボブスタイル、ショート、ロングといったことだけでなく、あなたの好きな髪型のウェイト(重さや重心)、パーソナルカラーを加味したカラーリングを選定してくれます。

雑誌のモデルさんのようなヘアスタイルを手にいれるのは難しいことではありません。以上のポイントを押さえて上手にオーダーできれば、きっと理想のヘアスタイルを手に入れられますよ!

Presented by

今回の記事作成にあたり、インタビューを受けてくれた表参道の美容室Loopに勤めている、阿部吉晃さんです。
yoshiaki abe

記事内の写真は全て阿部さんの作品をお借りしました。記事を楽しんでいただけた方はぜひ下のリンクから作品に「いいね」をお願いします!

>阿部さんの作品一覧はこちら<