Pocket

この記事は約 0 55 秒で読めます。

そもそもオレンジデーって何の日?

オレンジデー

2月14日はバレンタインデーで女性が男性に愛を込めて贈り物をする日、3月14日はホワイトデーで男性が贈り物とともに女性の気持ちにこたえる日、というのはもはや幼稚園児でも行っている超ポピュラーな行事ですが、これらには実はまだ続きがあるのを皆さんご存知ですか?
4月14日はオレンジデーといって、2/14、3/14を経た恋人たちが愛や絆を確かめ合い、オレンジ色のものをプレゼントし合う第三の愛の記念日なのです。JA全農愛媛が1994年に発案し、日本記念日協会にも登録されているれっきとした記念日なのです。
ちなみにオレンジの花言葉は「花嫁の喜び」で、欧米では結婚式に花嫁が愛のシンボルとされるオレンジの花を身にまとうそうです。

第三の愛の記念日オレンジデーにちなんだあれこれ

東京タワーでは4/13,14日の二日間オレンジ祭りが開催されます。来場者各日333名にオレンジを抽選で無料配布される他、オレンジを使った高さ33.3cmの松山オレンジパフェを「東京タワーパフェ」として700円で提供してくれます。デートスポットにまさに最適ですね。
また、この4/14、神奈川オレンジを使って作られたビール「湘南ゴールド」が発売されます。これは神奈川県が12年かけて開発したという何やらすごそうなビールでビール独特の泡はもちろん何とゲップまでオレンジの風味がするのだそうです。これなら恋人の前で心おきなくゲップができますね。

読売ジャイアンツもオレンジデーに参戦!

オレンジがテーマカラーの読売ジャイアンツとJA全農愛媛がタッグを組んでイベントを行うのだそうです。楽しみですね。< なんにせよ、このようにオレンジデーはじわじわと世間に浸透してきているのですね。

韓国におけるオレンジデーとは?

韓国ではオレンジデーは11/14で、恋人同士がオレンジジュースを一緒に飲む日なのだそうです。ちなみに日本のカップルが浮かれてる日本のオレンジデー4/14は韓国では独り身の男女がジャージャー麺をすするわびしい日だそうです。その名は何と「ブラックデー」だそうです。しかし誰が作ったんでしょうかね、わざわざそんな日。