Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

実写化ぬーべー話題になっていますね。悪霊を退治する時、強制念仏とぬーべーがいって、悪霊を退治します。キメ台詞なので、かなり気になる部分です。

ぬーべーの画像

念仏強制の前に・・

強制念仏の前に、ぬーべー演じる丸山隆平君がなにか云っているとは思いませんか。なにか呪文のような言葉を云っていますよね。原作ではどうやらその言葉ではないそうで、ドラマオリジナルだそうですよ。

妖怪と戦うぬーべー

では、どんなセリフをぬーべーは云っているのか調査したいと思います。実写化ぬーべーはほとんど明るい作りになっており、時折、笑える部分も多くありますよね。しかし、ぬーべーが妖怪と対決する部分はかなりシリアスです。

ヒューマンドラマな部分も

ぬーべーは自分の生徒を守る為に妖怪と戦います。しかし、時には悪い妖怪でない妖怪も成仏させてあげる部分もありますよね。ぬーべーはヒューマンドラマな要素も大きいですね。

オリジナル御経

なので、強制念仏というセリフはドラマオリジナルで、いつでも使えるようなセリフになっています。

御経紹介

強制念仏の前に云っているセリフには、光明遍照(こうみょうへんじょう)からはじまり、最後に悪霊退散と云って、それから強制念仏と云っているそうです。

妖怪はあの世に行ってしまう

御経のようなものですね。ぬーべーがそれを唱えることにより、妖怪や悪霊がすんなりあの世へと引き込まれていくわけです。日本は仏教なので、人が亡くなった時、御経を唱えて、あの世への入り口を開けてあげます。

成仏しやすい・・・

それと一緒で、御経を唱えることにより、妖怪も成仏しやすくなるわけです。

原作漫画とはちがう御経

強制念仏と云っている部分が原作とは違いますね。原作を知っている方はイメージが違うと思われるかもしれませんが、アニメなど実写化すると、原作のイメージと変わる部分ってよくありますからね。

漫画ぬーべーでは実際に存在する御経を

実際に漫画でのぬーべーは世の中に存在する御経を唱えているそうですよ。「白衣観音経」という御経を云っています。三十三観音の一人とされており、結構有名な観音さまだそうですよ。

問題がありオリジナルへ

漫画の方では「南無大慈・・・」とセリフを云っていますね。実際に存在する御経をテレビドラマで使用するのは問題あるのではないか、そんな考えから今回のようなテレビドラマオリジナルの御経が作られたそうですよ。

「ぬーべーアニメの動画」