Pocket

この記事は約 1 4 秒で読めます。

今月11日に宝塚歌劇団を退団、「卒業」したばかりの元タカラジェンヌ・花組男役トップスターの蘭寿とむ(38)。

蘭寿とむの画像

そんなわれらの「らんとむ」(ファンによっては「彼」)が、事務所退団後間もないというのにもう初仕事に取りかかっていることが分かりました。

蘭寿とむの画像2

まだファンには歌劇団事務所での引退会見の様子が鮮明に残ってるというのにです

蘭寿とむの画像3

あの時の蘭寿とむは黒えんび服に170cmの長身を包み、きりっとして本当にりりしく、我々を魅了してくれました

その理由とは、

一番大事にしているお衣装で最後まで男役を演じきりたい

という、何とも仕事熱心な蘭寿とむらしい締めくくりだったのは皆さんきっと鮮明に覚えていることだと思います。

また、熱心なヅカファンの中には、オペラグラス越しに目があって恋に落ちた(?)人もいるのでは

ちなみにあれはヅカファンの錯覚・幻想ではなく、本当にオペラ越しに目が合うんですよ

そんな蘭寿とむの退団後の初仕事はというと・・・

ショー「ifi(イフアイ)」!世界のKENTO・MORIと組んで・・・

ダンスや歌でできている「ifi(イフアイ)」に蘭寿とむ主演がさっそく決まりました。

演出は小林香氏で、共演者は何とあの、世界のトップダンサー&振付師KENTO・MORI!!

スゴイことになってまいりましたね~。

しかも、このショー、蘭寿とむのために小林氏が書き下ろしたいわゆる「当て書き」なんです。

2人のキレのあるダンスが目に浮かびますね。

蘭寿とむは「蘭寿とむ蘭」という胡蝶蘭が開発されるほど華のある(シャレじゃないよ)二枚目スターです

かたやKENTO・MORIも負けず劣らずの実力とキャリアを兼ね備えた超一流スターです

その上、当て書き・・・これはもう見に行きたい!とファンならずとも思うことでしょう。

頭の中にマイケル・ジャクソンの曲のメロディーやダンスが浮かんできた人も多いのでは?

このショーに出るにあたって蘭寿とむは、

こんな素晴らしい舞台に立たせていただけるなんて、光栄です。大きなチャンスだと思って挑みます

と、はやくも意欲的な発言。

そしてKENTO・MORIも、

まさか蘭寿とむさんと退団後こんなすぐに同じ舞台を踏めるとは・・・今からワクワクしています

と、楽しみでしょうがないなあ、といった具合です。

そして観客である我々・・・三位一体となってショーを楽しみたいものですね

【蘭寿とむのショーの動画】