Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

2014年に菅原文太さんが亡くなりましたね。「仁義なき戦い」や「トラック野郎」などで人気を得て、その渋い顔立ちや役柄から国民に愛された名優ですが、亡くなってしまい日本は騒然となりましたね。

菅原文太の画像

その菅原文太さんの息子の死について様々な噂が流れるようになったので調査したいと思います。

息子「自殺」説

自殺したのではないか、そんな説がかなり出てきているようです。一般的な報道では、酒を飲んでいて、踏切にあやまって入ってしまった、という報道がされています。しかし、現在の説では自殺だったのではないか、という説が有力なようですね。

菅原文太さんの息子の死について

なんと酒を飲んでいて、あやまって踏切を入ったにも関わらず、事故現場の遮断機降りていたそうなんですね。ですから、菅原さんの息子さんは、自らの意志で踏切の前に立ったのではないかとされるのが、有力な考え方かもしれませんね。

しかし、不可解な点がアルコールを飲んでいて、携帯電話をかけていたという状況です。もしかしたら誰かに最後の言葉を云おうとしていたのかもしれません。

不可解な点を解明

踏切がおりる時にカンカンと大きな音がなりますが、いくら酒に酔っていて、携帯電話をかけていたとしても、この音には普通は気がつくでしょう。しかも、菅原さんの息子さんは、事件当時、一人で帰宅中だったとのことです。

もしかなり酔ってしたとしたならば、誰か付き添う人がいてもおかしくなかったのかもしれません。

悩み事を抱えていた

菅原さんの息子は事故当時、悩み事を抱えていたそうで、父、菅原文太さんもそのことに気が付いていたようです。ですから、ただの死ではないということが、菅原文太さんも分かっていたのではないでしょうか。

事故後の菅原さんの行動が・・・

事故のコメントについて、報道陣に囲まれた菅原文太さんは、口を閉ざしてなにもしゃべらなかったそうです。しかも、その後に引退までしています。通常の事故死であれば、それほど思い悩むこともないでしょう。

なにかしらの事実を知っていたのかもしれませんね。もしくは息子の悩みに菅原さん自らが関係していて、責任を感じていた可能性は高いです。

真相は闇の中

菅原文太さんの息子自殺説について調べてみました。真相は闇の中ですが、かなり自殺の可能性が高いですね。死人に口なしと云いますが、菅原文太さんはあの世で、息子の死についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。考えただけでも悲しい事実ですね。