Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

近頃、絵画の魅力が再確認されています。現在はアニメや漫画で若い人の関心は、そちらの方へ流れていると云われますが、油絵やアクリル画、水彩など道具を使って描く絵のあり方が見直されて、さらに魅力のあるものへと進化しています。

ピカソの画像2

「ピカソの泣く女」

ピカソの裏話

絵画といえばピカソが有名ですね。ピカソはよく女を泣かせたといいます。厳しい言葉を浴びせかけて、女の自尊心を崩したそうです。ピカソほどの才能を持った人物は、世の中の真実を知っているのです。

よく売れっ子の人は、一見すると悪い人に見えるといいます。悪い人に見えるのは、世の中の真実を知っていて、理想だけでは生きていけないから、理論を浴びせると悪い人にみえるのかもしれませんね。

芸術活動の必要性

芸術活動をおこなっていると、自分がどんな心理模様なのかよくわかるようになると云います。人間は自ら抱えている悩みが一体なになのか分からない時に凄まじいレベルの不快感を覚えるといいます。

芸術治療ではないですが、絵画を描くことにより、自らの抱えている悩みが具現化されて、一種の浄化作用を抱くと考えられます。

絵画の魅力を一挙に紹介

サルバドール・ダリなどは、不思議なほどの自己愛に満たされていたといいます。ある本では自己愛性パーソナリティー障害だったのではないかとまで云われていて、本人も不思議な格好をして、独特の世界観を人々に与えました。

絵画の魅力はみることにもあり、また描くことにもあります。「わたし絵が下手だから描けないよ」とお思いの方も、絵はうまさではないのです。本当に魅力的な絵は人をどれだけ感動させることができるかにかかっているのです。

皆さんもはじめてみましょう

水彩画なのでは2000円程度ではじめることができますし、油絵でも2万円あれば道具をそろえることができ、なおかつ絵画の素晴らしいところは、年齢を重ねるごとに人間的な魅力が絵画にうつりこむということではないでしょうか。

天候に左右されるアウトドアなどとは違い、絵画は道具をそろえれば、その日から始めることが可能です。「風景画など無理じゃん」とお思いの方、最近では写真などをつかって風景や人物を描くこともできます。

一生の趣味にどうですか?

絵画の世界も徐々に進化しており、先鋭的な画家がどんどんと誕生しています。表現の方法は人それぞれなので、一生つきあう趣味としても十分楽しめる価値があるでしょう。

「絵画の描き方の動画」