Pocket

この記事は約 1 20 秒で読めます。

ブランド買いあさりで有名な作家の中村うさぎ(56)ってなんで入院してたの?病名は何?という疑問がネット上で飛び交っています。
整形を繰り返していることで有名な中村うさぎ。もしかすると「整形したところが崩れてきたのではないか?」「メンテナンスのために入院をしていたのではないか?」という憶測が飛び交っていました。
ですが、事実は整形関係で入院したわけではありません。2月25日に「足の血栓が肺に転移したため」入院しましたが、無事に本日退院しました。

中村うさぎ

入院直前は舌も満足に回らなかったとか。そもそも去年8月に不自然なおう吐などで入院、一時は心肺停止におちいり、ICUで治療して12月上旬に退院していたそうです。

中村うさぎは「ナースにたたき起こされないでひたすら寝れる自宅は天国じゃー!」とのんきな発言ぶりですが、実は彼女が抱えてる病気はギラン・バレー症候群といって100万人に1人の難病なのです。この病気は両手足に力が入らなくなる病気で、進行するとやがて呼吸もできなくなるのだそうです。

ちなみに貯金ゼロ、保険無しの中村うさぎ、入院費は彼女がコメンテーターをしている番組「5時に夢中」のメンバー達がカンパして皆で出し合って支払ったそうです。

借金してショッピング&整形?自宅はブランド物のゴミ屋敷との噂。そんななか夫は?

まず簡単に中村うさぎのプロフィールを紹介します。

  • 本名 中村典子(なかむらのりこ)
  • 生年月日 1958年2月27日生まれ(56歳)
  • 出身地 福岡県出身
  • 学歴 同志社大学文学部英文学科卒業

会社勤めのかたわら書き綴り投稿したファンタジー小説が大当たり。作家となり印税を手にするとそのお金でブランド物を買いあさるようになり、やがて当然のように出版社に印税の前借り、果てには「まだ執筆できてない本の印税」まで前借りしてホストやブランド物に注ぎ込むようになります。

整形王でもあり、これまでに十数回整形してます。具体的な話としては術後劣化のケアの再整形に追われる日々だとか。

中村うさぎ

自宅はブランド物がうず高く積みあがった「ブランド物のゴミ屋敷」状態。玄関にはヴィトンとフェンディのキャリーが2つ並んでいる状態。なんでブランドもののキャリーバッグが2つも必要なのかというと、それには訳がありました。

中村うさぎが空港で偶然ヴィトンのキャリーを持った叶美香を見かけ、その時フェンディを自分が持っていたのが屈辱ですぐヴィトンの直営店に買いに走ったからだそうです。

しかし叶美香と張り合い出すときりがないとおもうのですが・・・。プライドが高く、負けず嫌いなのでしょうね

「叶姉妹の洋服やアクセサリーはレンタル?2分で理解できる疑惑の真相・カラクリ」の記事も読んでみる⇒

身体の不調というものは大きなストレスとなりのしかかります。精神的にはしたたかに見える中村うさぎですが、100万人にひとりの難病と闘っていること、金銭苦という状況で本当はすごく辛いことと思います。

中村うさぎの夫はヒモ状態でさらに同性愛者との噂も。一番身近な存在なのですから、もう少し彼女のケアをしてあげてほしいですね。