Pocket

この記事は約 0 53 秒で読めます。

後藤健二さんの瞬きが、モールス信号だったのではないか、そんな憶測がされていますが、実体はどうだったのでしょうか。「助けるな」だったり「見捨てろ」だったり、様々な憶測がされてきました。一時そのことでかなり話題になりましたね。

後藤健二の画像

後藤健二さん「モールス信号」

結局、本当の意味は分からないままでした。しかし、調べてみるとかなり憶測があるんですけど、どれもマユツバものばかりです。あの瞬きは意味などなかった、という説が一番有力なのではないでしょうか。

ジャーナリストをしていても、モールス信号の知識が深いとは限りませんし、そこまで知能的に行動できる人間は限られています。

意味などなかった・・

何も意味がなかったという説が最も正しいような気もしますね。もしモールス信号だった場合、これだけネットで騒がれていれば、専門家が解析してワイド番組で話題になっているでしょう。

ですからあの瞬きには一切意味などなかったのではないか、という説が正しいようです。

人間緊張していると瞬きをする

人間は緊張していると、瞬きを繰り返す習性を持っているのですね。あの瞬きは緊張によるもので、後藤さんはなにも考えてはいなかった、というのが正しいでしょう。

一見すると規則的に瞬きをしているように見えますが、専門家に解析されたという事実もありませんし、今回は違ったようですね。

後藤健二さんの問題

後藤健二さんが殺害されたとして、テレビでもネットでも話題になっていますね。ネットなどでは簡単に動画などがひろえるので恐ろしい気もしますね。

後藤さんの母親についての話題もあり、本も出版されている後藤さんはかなり有名人になってしまいました。大変残念な結果に終わり悲しく思います。

イスラム国「日本」へのテロ行為警戒

後藤さんが拘束されているのに、日本の政府は手をうつどころか、イスラム国敵対国に支援までしていた事実は、これから浮き彫りにされる問題かもしれません。

私達の生活にイスラム国という問題がこれからの生活にテロというかたちでふりかからないことを祈るばかりです。