Pocket

この記事は約 1 6 秒で読めます。

GANTZとは奥浩哉原作のヤングジャンプで連載されていた漫画です。アニメ化や映画化、小説化もされ日本、いや世界で一台ムーブメントになりました。
2013年に6月20日に漫画は最終回を迎えました。最終回についてネットで論争がくりかえされているもようです。どうしても漫画というものは人気が過熱している間は連載するので、最終回は「どうしてこんな落ちになるの」という終わり方が多いようです。
動画などアップされており、そちらを楽しむのも一つの楽しみかただと思います。

GANTZ

GANTZ映画紹介(ネタバレ注意)

二宮和也と松山ケンイチ日本を代表するスター俳優が共演したことでも有名になりました。
原作を古本屋で立ち読みして、内容を覚えてしまったという人も多いのではないでしょうか。主人公は普通の大学生玄野、主人公が加藤という同級生から再開するところから、この物語は始まります。
小学生時代、加藤は虐められていて、玄野は加藤を助けていました。地下鉄の事故で死んでしまった二人、しかし、謎の黒い球体GANTZによって命を保たれます。
GANTZスーツと呼ばれる、肉体強化スーツで星人と呼ばれる生き物を倒していく、玄野演じる二宮、加藤演じる松山が化学反応をおこしながら物語は進んでいきます。



Gantz

アクションがみどころで、GANTZスーツを着た人間の凄まじいパワーと、星人との戦いが科学技術をふんだんに盛り込んで映像化されました。「ネギ星人」や「田中星人」「おこりんぼう星人」など個性溢れる星人などが出演して、観客を興奮させてくれます。ぜひDVDを借りてみて下さい。

夢小説、人気女優渡辺夏菜の出演で話題騒然!?

最近流行の夢小説などでも取り上げられて、男と男の熱い友情が、さらに奥深い二次創作として蘇っています。
人気キャラクターレイカが可愛すぎる、今話題の人気女優、渡辺夏菜が出演しているなど話題騒然のGANTZ。
漫画家奥浩哉の世界観とのリンクが凄まじく、観るものを魅了できる作品に仕上がっています。テレビゲーム化のされており、興味のある方はぜひこちらもプレイしてみてはどうですか。

漫画家奥浩哉といえばSFが有名!?以外にも学園ものもあり

漫画家奥浩哉の作品といえばSFそうイメージされる方も多いのではないでしょうか。しかし、若き頃の奥浩哉の作品「変」も忘れてはいけません。
サブキャラに漫画家のモデルが登場する作品は多いものです。「変」にもサブキャラとして、奥浩哉のモデルが登場してきます。奥浩哉ファンの方は「変」も読んでみて損はないと思います。