Pocket

この記事は約 1 43 秒で読めます。

堂本剛っていえば、言いたいこと、みんなのいえないことを言ってはばっさばっさ切る、頼もしいお兄ちゃんですよね。

堂本剛が実は精神疾患の病気だったんです。

詳しく病名を挙げていくと、

「パニック障害、高所恐怖症、閉所恐怖症、過呼吸症候群、人間不信、うつ」などが挙げられます。

宗教にはいれば救われます!なんて、宗教の勧誘も数多く受けて、人間不信に拍車がかかったのだそう。

堂本剛の画像

もともと堂本剛はメンタル面がとっても弱い、まさに「硝子の少年」な少年時代を送ったのだそうです。

崖から助けを求めている人の手に優しく手を差し伸べるどころか、脚で蹴落とすのが、今の世の中です。

まして、芸能界ですよ。

弱い者は淘汰されていきます。

最初に出たのは過呼吸症候群で、10代で発症しています。

偶然、同姓の堂本光一と、光GENJIのコンサートで、ジャニー喜多川社長によって出会いを果たします。

そして、あっという間にこの12歳の少年たちは意気投合。

2001年、2人そろって合宿所に12歳で入所します。

同期には、V6の三宅健などがいたそうです。

わ!楽しそう!なんて、言わないであげてくださいね。

堂本剛は極度の人見知りで、人に見つめられるのが苦手、人がいっぱいいるところも苦手、と言っています。

それって、もろ合宿所、もろコンサートであり芸能界そのものじゃありませんか。

12歳の堂本剛少年はだんだん心をむしばまれていきました

KINKI KIDSとして、堂本光一とペアで「硝子の少年」でCDデビューした時にはもう立派な、病んでる子だったのだそうです。

これは、不幸中の幸いです。

KINKI KIDSの2人は、ジパングという9人グループで、デビューの段取りに入っていたのだとか。

なんでも、仲が良い堂本剛と堂本光一を見たジャニー喜多川社長の計らいで、

「YOU達、ペアくんじゃいなよ」

このジャニーさんのツルの一声で、ジパングという正体不明のグループ案は白紙になったのだそうですよ。

あぶなかったね、剛君、光一君!

そして、KINKI KIDSとしてデビューを果たすのですが、堂本剛にとっては、いばらの道のりだったそうです。

次々と発症する精神疾患

精神疾患の薬は太るからあんまり飲めない。

それでも薬を飲まない訳にはいきませんよね。

結果、堂本剛はひどい吹き出物に悩まされます。

アイドルとしては致命傷ですよね。

メイクさんがドーランを重ね塗りして対応してくれたそうです。

それで、しのいで、テレビに出続けました。

しかし、心と体に相当無理がかかってたらしく、コンサート中に倒れてしまいます。

2003年5月のことでした。

「光一くんがね、その後も、発作の起きるたびに、大丈夫、大丈夫、って強く抱きとめてくれるんです。それで、頑張りました」

その頃のことを語る堂本剛なのでした。

堂本剛の画像2

そんな堂本剛の彼女は?

過去には山口紗弥加や菊池亜希子とになりました。

事務所によって仲は引き裂かれ、堂本剛はそのことを歌詞にして、「愛のかたまり」というメッセージソングを歌うようになったといわれています。

今は一般の人といいお付き合いをしているそうですよ。

剛君が今、わりと安定してるのは、光一君と、彼女の存在が大きいですね。

今もソロコンサート中の堂本剛

大丈夫なのでしょうか?

まず、気になるのは堂本剛のメンタル面です。

パニック障害やうつは、まさに現代病ですからね。

でも、それぞれがそれぞれの場所で頑張ることができてるという事は・・・。

大丈夫なんでしょう、きっと。

剛君が10代のころ、人間失格というドラマをやっていましたよね。

光一君と共に。

あのころは本当につらかった、と振り返って答える堂本剛です。

自由気ままに生きていて、言いたいこともずばずば言ってのける、そんなイメージの堂本剛です。

ファンはみんな分かってくれますよ。

ソロコンサートが無事に終わりますように。

そして、剛君、お疲れ様です!