Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

女性の幸福とはいったいなんなんでしょうか。戦後の教育では女性も社会に進出して、活躍の場をもうけることが重要視されてきました。女性の幸福度のついての調査がおこなわれたのですね。

幸福度の画像

一般的な女性の幸福度は、やはり妊娠、出産にあることが分かり、一人よりも二人、二人よりも三人の方が幸福度の指数が高かったそうです。結婚が全てではないですが、幸せ指数では、未婚の女性よりも既婚者の女性の方がポイントが高かったそうです。

男性も同様で既婚者の方が人生に満足しているパーセンテージが高いそうです。

女性の幸福度の値とは?

職業では無職が一番低く、パート、アルバイト、会社員、専業主婦ので、一番高かったのが自営業だったそうです。子供を育てやすい環境は、三世代同居で家族のサポートが受けられる地域が幸福度の値が高かったそうです。

自営業の女性の幸福度が高かった理由は、会社員と比べて子育てに専念しやすい環境にあり、創造性を発揮できる仕事などは、仕事そのものにやりがいを感じられる場合が多いそうです。男性の場合はどちらかというと、金銭面での違いで幸福度が変わった傾向が強いですね。

幸福度の高い県は

それではどの県が最も女性の幸福度が高かったのでしょうか。一位は沖縄で二位は鹿児島、三位は熊本など、温かい地域の方が幸福度が高かったそうです。

ワーストスリーは一番群馬、二位は福島、三位は新潟だったそうです。沖縄や鹿児島の方が女性の出産率が高く、群馬などでは出産率が低かったそうです。地域のコミュニティーや家族の繋がりが、沖縄は鹿児島の方が強いのでしょうか。地域性も関係していますが、気候の違いでの出産率の違いもありそうですね。

キャリア志向の女性はマイノリティ?

女性のキャリア志向がメディアなどでは云われていますが、やはり出産率による、女性の幸福度はかなり違いがあるそうです。

大都会などでは、キャリア志向の女性が多いと聞きますが、全体的にみるとマイノリティな部分が多く、多数の女性が結婚、妊娠、出産に最終的に幸福度を求めているケースが多いようです。

数値にとらわれない自分の幸せを掴んでほしいですね

収入もかなり関係しており、世帯収入が1000万を超す女性の幸福度が最も高かったそうです。女性の幸福度を数値化してみると、少しだけ怖い部分がありますね。

データをとることは、今後の方針の改善点になりますが、あまり気にとらわれないで、自分が最も幸福だという状況をつくりだしてほしいですね。