Pocket

この記事は約 0 57 秒で読めます。

上村遼太くん殺害事件の真相が次々と浮かびあがってきています。その一つに犯人が2人存在するというものがあり、一体その犯人が誰なのか様々な憶測が飛び交っています。

学校の画像

事件が発生したのは2015年の2月20日で朝の6時頃に事件が発生しました。上村遼太くんの遺体が川崎市の多摩川の河川敷で発見されたのですね。事件発生時は犯人が分かっていませんでしたが、どうやら犯人の人物像が分かってきたそうです。

上村遼太くん殺害事件

現場の付近にある防犯カメラに殺害された時刻に近い時間帯に、複数の人間が映っていたそうです。警察は複数の人間に対して3人の少年という言葉を使用して表現していましたが、この中の2人の人物が怪しいのではないかと調査されています。

ネットでの声

  • 「中学校の前に行ってみたよ。カメラマンがたくさんいてビビった」
  • 「えっ大師中の子の可能性めっちゃ高いじゃん」
  • 「バスケ部だったらしいよ。マジでかわいそうなんだけど」

犯人像に同級生と先輩が・・・

しかも、この2人は上村遼太くんの同級生と先輩らしく、共同して村上くんを殺害した疑いが浮上しています。上村遼太くんは学校で虐められていたという噂があり、虐めの延長線上での殺害が一番有力な情報なのではないかとされています。

いつもその同級生と先輩と遊んでいたらしく、遊びと虐めの狭間のなかで、今回の事件が起こった可能性は高いです。

いったい誰が殺害したのか

上村くんを殺害したのは「同級生2人」か「同級生と先輩」、「先輩2人」ということになります。上村くんのまわりの評判は良くて、挨拶もしっかりして、友達関係も多かったとのことです。

虐めとの関係性を調査

上村くんの通っていたのは大師中学校で、現在も同級生や先輩の可能性が高いと調査されています。警察も上村くんの対人関係について調査をしているようで、もしかしたら近いうちに犯人がわかるかもしれません。

虐められていたという表現よりは、虐められっこに近く、友達関係が悪化して、殺害に結びついた可能性が高いですね。村上くんは鋭利な刃物で、首元を切られて殺害されており、死因は出血性のショック死だそうです。

犯人がはやく捕まって罪を償うことを祈るばかりですね。