Pocket

この記事は約 0 56 秒で読めます。

多摩川河川敷殺人事件の犯人と思われる一人に船橋龍一という人物があがっています。船橋龍一の情報を集めると、マイケルハウズという言葉があがってきました。

驚きの画像

マイケルハウズとはいったいなんなんでしょうか。船橋龍一の親は外国人らしく、ハーフだそうです。

船橋龍一のマイケルハウズの意味

親は外国人で、そのことでマイケルハウズと名乗っている可能性が高いです。海外で生活していた時に、マイケルハウズという名前で生活していた可能性があり、いわゆるニックネームでもあるわけです。

両親が日本人の場合では外国人につけるようなニックネームはつけませんよね。海外ではニックネームというのは当たり前らしく、マイケルハウズというのは船橋龍一が海外生活をおこなっていた時の、ニックネームと考えるのが妥当かもしれません。

もう一つの理由は麻薬の密売?

しかし、もう一つ考えられる理由としては、麻薬の密売をしていた場合の名前だったのではないかということです。麻薬の密売をする場合、通常の名前ではすぐにバレてしまうので、別の偽名をつくるそうです。

今回の事件の船橋龍一にはよい噂は流れていません。家族についての情報はあまり流出していませんが、両親のどちらかはイギリス人かアメリカ人の可能性が高いです。船橋龍一は川崎高校の定時制に通っていたそうで、家族と生活しているでしょう。

名前の由来は

マイケルといったニックネームの由来は天使のミカエルからきており、ハウズという意味は穴だそうです。マイケルハウズというニックネームは発音した時に、云いやすかったからつけられたのかもしれません。

もし、船橋龍一のバックに麻薬の密売が関係していたとしたら、今回の事件はかなり大きな陰謀が隠れていたかもしれません。

多摩川河川敷殺人事件の罪

今回のような悲惨な事件がおこらないようにしないといけませんね。マイケルハウズという名前も少し不気味ですが、殺害方法もあまりにも残忍で、首を複数回ナイフのようなもので刺すという悪質なものでした。

罪を償って、などといった軽い言葉で片付けられるような事件ではないですが、犯人はこの殺人という罪を犯したことを一生胸に刻んで生きていかなければなりませんね。