Pocket

この記事は約 0 59 秒で読めます。

趣味が歌うことであったり、パーティー等のうちあげ、二次会、コンパ、サークルの集まりなどなど、カラオケ屋は今や私たちの生活に必要不可欠なものとなってきています。いっぽうでコンビニはもはや老若男女問わず行かないという人はいないのではないでしょうか。
そんな、私たちの生活に密着した二つの店がくっついたらどんなに便利でしょう・・・なんて思ったことありませんか?実はこれからの時代は本当にそうなるのです。もっと具体的に言うと、ファミリーマート+カラオケDAM蒲田南口駅前店という店が東京都大田区に4月17日オープンするのです。

ファミマカラオケ

ファミリーマートで買ったスナック菓子や飲み物などはすべてカラオケDAMに持ち込み無料なのでより安く遊ぶことができるそうです

平日の日中は小さい子供のいる主婦の集まりや子供の巣立った主婦の社交の場に!?

そして夕方からは高校、大学生、社会人が利用することが多いのではないでしょうか。これはもう間違いなく絶対にそうなります。実際今でもその傾向はあるのですから、これからはより一層顕著に現れます。
ただ、今のところオープン予定は東京の蒲田一店舗だけですからその近辺のごく限られた人しか新システムを利用できないのが残念なところです。その他大勢の人が指をくわえて自分の家の近くにファミマカラオケのできるのを待っていないといけません。
それまではファミリーマートとカラオケは別ものと考えたほうがよさそうでしょう。

もし、もしも両社の計画倒れになったら?またメリットとデメリットとは?

いい話のあとでこんなこと言いたくありませんが、可能性としてなくはありません。そう考えるとちょっとがっかりしますが、もともとなかった話なのだ、と思えばいいのです。
一人で静かに歌の練習に励みたい時だってあるし、スウェットやジャージで気軽にコンビニに行きたい時だってあるのです。そんな時に妙に人の多いミニミニ繁華街と化したところに行くのは嫌ですもんね。
それにしてもコラボというのか、コンビを組むというか、様々な業界で最近耳にする言葉です。ジャニーズでもSMAPの香取慎吾と元NEWSの山下智久が組んでモンスターズやってます。きっと両方にメリットがあるのでしょう。コンビニカラオケも早く具現化して私たち市民の娯楽を増やしてほしいですね。