Pocket

この記事は約 0 58 秒で読めます。

実は聖徳太子が預言者だったことが話題になっています。そのことが日本書記にも書かれていて「兼知未然」という言葉で表されています。その言葉の意味は、私はこれから先におこることを知っている、という意味だそうです。

聖徳太子の画像

実際に聖徳太子が預言した言葉が、実際の事件や事実として歴史に残っているので、そのことを紹介したいと思います。聖徳太子は1000年前のことを知っていれば、おのずと次の1000年のことまで分かるらしく、そのことを元に未来を予測したそうなんです。

聖徳太子、預言者説

「私が死んだあと、200年の間に聖皇が都をここにつくる。千年の間その都は栄えるが、やがて都は黒龍が来るので、東に移される」という言葉を残していたそうです。

その言葉通り、平安京が作られ、その都は千年の時を経て、ペリーが来航して黒船が日本に来ると、東、つまり東京に移されたと解釈することができます。確かに聖徳太子の言葉には信憑性がありますね。

東京分裂の危機

そんな聖徳太子が次の言葉を残していたそうなんです。「その時代から200年が過ぎれば、クハンダが来るので、東の都は親と七人の子供みたいに分かれてしまうだろう」と予言をしているそうです。

では、いったいクハンダとはどんな意味なんでしょうか。仏教の言葉で世紀末にあらわれる悪魔や真っ黒で汚れてしまった存在、という意味だそうです。しかも、200年後といえばおそらく2016年か2017年頃だと考えられます。そうなんです、もう残り僅かなんですね。

戦争、それとも火山噴火・・

世の中は絶えず変動していますが、大きな変動の時代がせまっているのかもしれませんね。クハンダとは戦争いう意味とも考えられますし、もしくは地震や火山噴火とも考えられます。

七人の子供のように分かれるとは、もしかしたら、富士山の火山噴火で東京の都心部に火山灰がふって、人の住めない環境になるという意味かもしれませんね。

日常をしっかり生きましょう

しかし、ノストラダムスの大予言も外れてしまいましたし、今回の予言が当たるかどうか分かりませんね。

受験生や会社員の方は、予言を信じて自暴自棄になり、明日のことを放棄してしまうよりも、日常をしっかり生きた方が賢い選択のような気もしますね。