Pocket

この記事は約 0 59 秒で読めます。

同性婚の実態が叫ばれる現代、タレントの一ノ瀬文香(34歳)とダンサーをしている杉森茜(28歳)が同性婚の挙式を19日にあげました。昨年の12月には同性婚をすると公表して話題にあがっていましたが、ついに挙式をあげました。

同性婚の画像

今月の一日に東京の渋谷区が同性のパートナーを認定する条例を開始するなどして、今後の状況がどう変化するのか注目が集まっていましたが、挙式には報道陣50人が参加したそうです。

同性婚の挙式

二人ともウエディング姿で登場して、参加者は約80人ほどでしたが、一ノ瀬の父と弟は参列していなかったそうです。一ノ瀬は「迷ってはくれたのですが、取材などをうけるのは、少し考えるとして参列しませんでした」とコメントを残しています。

両親は微妙な反応

杉森の両親は参列したそうで、取材陣に「お互いの両親は賛成しているのですか」と聞かれて「賛成はしてないですけど、現在、同性婚を心から賛成できる両親はいないと思います。うちは少し感覚がずれているから、でもギリギリですよ」とコメントを残しました。今週中にも二人は結婚届を役所に提出するそうですが、日本では同性婚は認められていないので、受理されない可能性が非常に高いとのことです。

結婚届は受理されるの?

「受理されなかったら、とても悲しい、次の行動をおこしたい」と杉森はコメントを残しており、同性婚にたいする意思はかなり強いようです。「憲法24条では同性婚は認められていないけど、この私達の議論がなにかのきっかけになれば嬉しい」とコメントを残しています。

これからの同性婚情報

アメリカなどでは著名な芸能人やアスリートが同性愛を認めて、性的ジェンダーの在り方についても議論されています。同性婚はこれから一般化する可能性は非常に高いですし、結婚や出産の在り方も日本でも世界でも変わってくると思います。

なにでもそうですが、新しいことをはじめて行動するということは、大変勇気が必要で、周りからの圧力もかかるものです。反対する意見も多いでしょう。同性婚を認知すれば、これまでの生活感はかなり激変する可能性は高いですし、教育関係や社会の倫理観も変わります。

時代の流れは常に変わっていくもので、その変動をどう受け止めていくのかが必要なことかもしれませんね。

「同性婚挙式の動画」