Pocket

この記事は約 0 55 秒で読めます。

船橋市で起った18歳の少女行方不明事件の被害者である、野口愛永さんの素性があきらかにされてきました。フェイスブックなどから、野口さんの情報が流れており、私生活もおおかた分かってきたので、解説したいと思います。

野口さんの画像

野口さんはホストクラブ通いをしていたそうで、ジャパンタワーというホストクラブによくいっていたそうです。フェイスブックなどにはその時の画像などがアップされており、ホスト通いの中でも、アスターとよばれるホストクラブに連日のようにいっていたそうです。

ホスト通いの延長線上のトラブル

その中のホストクラブに在籍している、ルカという男がお気に入りだったそうで、行方不明になった前に通っていたのは、ジャパンタワーにはルカがいたとの噂です。100万ほど使い込んだとの情報もあり、かなり熱をあげていたそうです。

ルカは野口さんとの交際には応じてくれず、店へのつけを払ってなかったそうで、関係者から捜索されていたそうです。

野口愛永さんが連れ去られた

行方不明になった時に、成人の男性複数は、ホスト関係者だったのでしょうか。抵抗しなかったとの情報があるということは、ある程度、知っている仲だった可能性は高いです。

野口さんがなぜそれほどホスト通いができるほどの収入があったのかというと、風俗関係の職業をしていた可能性が非常に高いです。複数のホストと半同棲状態だったような画像も、フェイスブックにはアップされており、店のつけを払わないので、底に落ちていった可能性はあります。

風俗遊びと暴力団の関係性

ですから、今回の事件は野口さんの風俗遊びと金銭トラブルが原因だったと考えるのも当然かもしれません。少年が野口さんを埋めたと供述しているなか、成田方面での捜索が開始しています。

風俗店など暴力団と関わっている可能性が高いですし、なにかしらのトラブルの延長線上による事件だったのかもしれません。風俗遊びも依存症になりますから、注意しないと後で痛い目に会うのかもしれませんね。

今回のような事件もありますし、風俗遊びには落とし穴がありますね。まだ若かった野口さんですが、このような事件に発展して残念です。