Pocket

この記事は約 0 59 秒で読めます。

皆さん連休明けはどうお過ごしでしょうか。ツイッターのランキングにも日本帰りたい連盟などといったツイッターが流行っていましたね。連休明けの仕事や学校というものは大変つらいものです。

五月病の画像

おまけに五月病になると、モチベーションはかなり下がって「会社やめたい」などといったことを考えてしまいがちです。五月病は一年を期待して始まったのに、それほどたいしたことなく、新しい環境にもなれないで発症する軽い鬱状態だといわれています。

五月鬱でもこれまで通りの努力を

学校などでもこの時期になると、優秀な人と落ちこぼれていく人の差がでてくるようですね。一年がスタートして期待と不安があったかと思います。期待通りになった人も、なんとなく過ごされている方も、ここが力のみせどころなのかもしれません。

誰もがモチベーションが下がっている中での努力はきっとむくわれるはずですね。しかし、鬱状態になると無理をしないで、少し休んでみてもいいかもしれません。鬱は心のエネルギーが枯渇している状態に発症するといわれています。

ゴールデンウィークが過ぎ去り、なんとなくはじまった日常のなかで、マンネリ感というのは仕方のないことかもしれませんね。

続けることがなにより重要

人間少し落ちればまた向かい風が来るので、この時期にはやっていることを止めないで、少しだけ様子をみることも必要かもしれません。「会社なんてやめた」「学校なんてやめた」と諦めてしまえば、せっかくこれまで積み上げたものも台無しになってしまいます。

五月鬱だからといって、気分に流されないでこれまでしていたことを止めない努力する、そして、次の活動につなげることがこの時期には大変重要なことかもしれません。

平凡な現実に立ち向かう

現実というものはとても平凡なものなので、特に連休という最大の刺激の後にくる無力感はどうにかしたいものです。大学生など休みが基本的に多いので、この時期に中退する生徒がかなりいます。

しかし、せっかく受験を乗り切ってキャンバスライフを勝ち取ったのです。少しばかり理想と違っても、その点は気にしないで大学に通いましょう。きっと来期には可愛い彼女ができているかもしれません。

続ける努力というものが一番大変なんですね。しかし、続けた先に新しい未来が待っているかもしれません。