Pocket

この記事は約 0 59 秒で読めます。

歌手のアグネスチャンが強迫されていることで話題になっています。なんとも公式ツイッターでの強迫だったそうで、21日に発覚しました。

アグネスチャンの画像

警視庁は強迫の疑いで捜査して、アグネスチャンのまわりを警備していたそうです。

アグネスチャン「児童ポルノ法」に対する犯人の殺害予告

「ナイフでメッタ刺しにしますよ。児童ポルノ法を認めないアグネスチャンを殺害します。君の家は血まみれになるでしょう」などといったツイッターがされており、ネット上でも話題になっていました。

犯人は児童ポルノ法についてこだわっているようで、アグネスチャンの活動について反対の意見の持ち主だったようです。

ユニセフ協会大使をしているアグネスチャン

ユニセフ協会大使などをしているアグネスチャンは児童ポルノ断絶の活動をしてきました。アグネスチャンはこの犯行声明に対して、警察に相談しました。

ネットでもこの犯人の残虐な言葉に対する批評の声があいつぎ、励ましの言葉などがアグネスチャン送られたそうです。

アメリカに滞在しているアグネスチャンは「普通に次男と食事に行ってきます。家族と一緒に外食をします」といって通常の生活を送っているそうです。

「犯人はつかまるよ。私達が守る」「卑劣な犯人に負けないで」などといった言葉が送られたようで、アグネスチャンを心配する言葉があいつぎました。

アメリカに滞在中

アグネスチャンの三男がアメリカの大学を入学するために、現在アメリカにいるのですね。ツイッターをみて、今回の犯行予告を知ったそうです。

卑劣な犯人に負けないようにしないといけませんね。芸能人など結構、犯行予告をされる場合も多いようですね。それだけ有名になれば、さまざまなリスクもつきものでしょう。

皆さんもツイッターの発言には気を付けましょう

ツイッターなどでは簡単に犯行予告ができますし、どれだけの信憑性があるのかも分かりません。地下鉄にサリンをまいてやる、などといったツイッターが問題になったこともありました.

誰もが簡単に発言できるからこそ、内容に気をつけないと大変なことになります。炎上して大きなメディアに取り上げられることも多くなってきましたね。

ツイッターは基本人を笑わせようとして、注目されようとツイートをするので皆さんも気を付けてください。