Pocket

この記事は約 1 5 秒で読めます。

今月の5日にはノーベル賞の受賞者が発表されて、日本の大村智教授が受賞されました。なんと、梶田隆章教授も受賞されて、まだまだ興奮が冷めないようで、連日のようにニュースやワイドショウで報道されています。

梶田教授の画像

日本での受賞者はこれで24人目になるのですね。それでは梶田教授とはいったいどんな人物なのでしょうか、調査したいと思います。

梶田隆章教授のノーベル賞受賞

梶田教授は1959年3月9日にうまれて、現在は56歳です。埼玉県の東松山出身なんですね。地元でもかなり話題になっていますね。

大学は埼玉大学理学部に進学します。そして、東京大学の大学院理学系の研究博士になると、東京大学の教授になられるのですね。

子供時代はあまり目立たない方だったそうです。子供の頃に物理に興味があり、そのまま大学へと進学して教授になられます。

梶田教授ってどんな人?

座右の銘は特にないそうで、休日は寝て過ごしているそうです。なんとなく見た目ののんびりしてそうですからね。お酒の飲むそうですよ。

基本的には楽観的な性格だそうで、その楽観的な性格のおかげで、つらい研究にも耐えてきたそうです。大学時代からカミオカンデの研究をしていたそうです。

家族構成はどうなっている

受賞を知ってから、恩師である小柴教授に真っ先に報告したそうです。もう一人の恩師である、戸塚教授は66歳で亡くなっており、受賞の報告ができなくて残念だったそうです。

家族は四人いるそうで、嫁さんと24歳の長女と22歳の長男がいるそうです。嫁さんは美智子さんというそうで、56歳と同じ歳だそうです。

二人の馴れ初めは埼玉大学の弓道部で知り合って、梶田教授は東京大学の大学院に進学したのですが、そこからも交際しており結婚にいたったようです。

現在の梶田教授の事情

現在、梶田教授は東京の方で研究をしているため、週末に富山に帰るそうです。嫁さんは受賞の知らせをテレビの報道で知ったそうで、かなり驚いたようです。

梶田教授自身も自分が受賞することに驚いていて、「こんなことになったよ」と電話で報告をしました。実はまだご両親もご健在のようで、受賞の知らせをかなり喜んだようです。

ノーベル賞受賞おめでとうございます

56歳での受賞ですから、かなり若い方ですね。日本で受賞者がでると、同じ日本人としてかなり嬉しいですね。

日本の研究体制は研究者なかせといいますが、これを機会に体質を改善して、もっと多くの優秀な研究者がでてくると嬉しいですね。

梶田教授のノーベル賞受賞おめでとうございます。