Pocket

この記事は約 1 40 秒で読めます。

5人組ジャニーズアイドルA.B.C-Z

今まで彼らの魅力のアクロバットを収録したDVD販売は7作にも及びます。

そんなA.B.C-Zの、初シングルCD「moonlight walker」が・・・。

おめでたいことです!

ABC-Zの画像

なんと、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得したのです。

初週で8万枚も売り上げたそうです。

ちなみに2位が氷川きよしで、5万枚ですから、大きく水をあけての1位という事になりますね。

しかし、その前に、アルバムを2枚出してるんです。

まるで試すような感じの売り方でしたね。

しかし、ジャニーズファンたちの掟というか、他グループファンでも言えることなんですが・・・。

新しいグループが初シングルを出した際にはお情けとエールで購入するんです。

A.B.C-Zには悪いですけれど、勝負はここから、と言った感じでしょか。

もっとハッキリ言うと、今回の一位はまぐれ、という事になります。

遅すぎたデビュー

A.B.C-Zというと、嵐のバックを務めてたイメージがなかなか払拭できずにいるグループです。

ずっと、A.B.cというグループ名で、塚田、河合、五関、戸塚の4人でひたすらアクロバットにつとめていました。

最後のメンバーとしてドカン!と投入されたはっしーこと橋本良亮

当時、橋本はまだ17歳の若さでした。

こんな20代も半ばのグループに入ってやっていけるのだろうか?

ジェネレーションギャップはメンバー間で起こらないのか?

メンバー達は、はっしーが入ったことによって、A.B.C-Zになってグループが完成したことに喜びを隠せない様子でした。

でも、河合が橋本を何気にイヤミ言ってましたよ。

だけど、はっしーこと橋本は、誰とでも仲良く合わせられる、という特性を持ってるんです。

河合のイヤミ攻撃にも、

ん~そうかも~

なんて、まるでのれんに腕押しのごとく受け流すんですよ。

そして5人はだんだん結束力を強めていきます。

すごいぞ!橋本良亮!

そして時がたち、やっと、やっと、A.B.C-Zはメジャーデビューを果たしました。

河合は前髪を作り若作り、五関はライトでしわを飛ばして、塚田は歯ぐきむきだしの超スマイル、戸塚はさわやかオーラを出して、それはもう頑張りました。

そして、センターで最年少の橋本は、ヒマワリの種を頬袋に詰めたハムスターのようなむちむちほっぺをなんと・・・!

脂肪吸引!

みんなそれぞれ、自分を最大限にカッコよくして、やっと、なんですよ。

ABC-Zの画像2

DVDデビューを果たします。

ジュニア時代のあまりにも長すぎた橋本以外のメンバー達は、自分たちのDVDにふんだんにジュニアを使おう!と提案します。

エンドクレジットにも、ジュニアの名前を全員分フルネームで載せたくらいですからね。

この夏のコンサートも手作り!?

最初はデビューしても、お客さんが入らなかったんですよ、A.B.C-Zは。

でも、ふてくされることなく頑張って、キャパもだんだん大きくなっていきます。

この夏のコンサートは、メンバーの手作りコンサートでした。

橋本がグッズ監修、塚田がアクロバットコーディネーター、戸塚が映像監督、河合が総合演出、五関が振付、といった具合ですね。

どうです、見事にに各メンバーの特性にピッタリの役どころでしょう!

そんなこんなで夏のコンサートは今までとは違い、大盛況だったそうです。

アクロバットはもう卒業!?

このごろはだんだん激しいアクロバットをしなくなりましたね。

はっしーは今まで見学だったのが、今では5人そろった、橋本以外のメンバーには簡単であろう、踊りにシフトチェンジしてきました。

個人的にはこのグループ、もっと売れてほしいです。

嵐の下積みから見てますからね~。

頑張って、いつかドームクラスになってほしいです。

お情け、なんてもう言われないように、頑張りどころですよ、これから。