Pocket

この記事は約 1 39 秒で読めます。

プレステ4が発売開始

プレステ4が2月22日に日本での発売を開始しました。
プレステ4
価格は39980円(税抜)です。

プレステ4の特徴

プレステ4の発売は日本では2月22日となっていますが、海外諸国では既に発売が開始されているところが多く、使用感などのレビューが見ることができます。そのうちのいくつかを紹介しようと思います。

ゲームやディスクの読み込み速度が速い!

プレステ3ではゲームやブルーレイディスクの読み込みに時間がかかっていましたが、プレステ4ではこのあたりの改善が行われ、HDD内に入っているゲームの切り替えも早く、ブルーレイディスクの映画を見ているときも巻き戻し、早送りの作業でレスポンス遅延が限りなくなくなっているようです。なんと読み込み速度がPS3と比べると4倍の速さになったそうです。

PSVitaでリモートプレイが可能!

プレステ4のソフトをPSVitaで遊べるということです。PS4はPSVitaとの連携が強化されている為、無線機能を利用したリモートプレイによってPS4のソフトをPSVitaでプレイすることが実現されました。画質の劣化もほとんどなく、タイムラグも気にならず快適に遊べます。

SNSとの連携が可能!

インターネットにつながっている環境であれば、今プレイしている画像をTwitterに簡単に投稿することが可能です。さらに、Facebookにはプレイ動画を投稿することが可能で、動画の画質もハイクオリティを保ったまま投稿することができるうようです。

PS3よりさらに画質が綺麗!

やはり気になるのはその画質ですよね?PS3でも十分なほど綺麗な画質でしたが、PS4はそれをさらに凌駕する画質を誇っています。
FFXVのトレーラー動画を見ると、圧巻です。

これだけ綺麗な画質でゲームを早くプレイしてみたいですね。

PS3のソフトは起動できるの?

結論からいうと、PS3のソフトは起動できません。更に、PS2、PSのソフトも同様に起動できないため、PS4のハードで遊べるのはPS4のソフトだけということになります。
PS3ではPSのソフトが起動できて、初期ハードであればPS2のソフトの互換性もあったことから、PS4が過去のハードのソフトとの互換性が一切ないと聞いてがっかりする人も多いかもしれません。

しかし、発売後はどんどんPS4で魅力的なタイトルが発売されていくと予想されています。それには理由があります。

魅力的なソフトがこれからどんどん発売される?

PS3はハードの性能向上と引き換えに、新開発のCPUを採用していたためにソフトの開発が難しくなっていました。しかし、PS4は開発者にとってソフト開発がしやすいように一般的に普及している既存のCPUを使用しているために、ソフトの開発が比較的容易とのことです。
なので、今後は色々なゲーム会社から魅力的なソフトが発売されるでしょう。ソフトありきのゲーム機ですから、遊べるソフトが今後どんどん増えていくと思うと嬉しいですね。

クリスマス商戦をずらしての発売開始ということで、プレステ3発売開始の時のような大混雑は今のところ予想されておらず、わりと入手しやすいかもしれません。

機能

  • スマホやVitaなどをセカンドスクリーンとして使用することができる。
  • セカンドプロセッサの搭載によりスタンバイの状態でデータのダウンロードやアップデートができる。
  • コントローラにスピーカー端子とヘッドホン端子、タッチパネルを搭載。
  • PlayStation Cameraを使って、身体を使ってゲームが楽しめる。

なかなか人気が出ないプレステ4

2014年12月現在、プレステ4が発売されてからもう少しで1年を迎えようとしていますが、ハードの売れ行きはあまり良くないようです。ソフトもあまり発売されておらず、これからの動向に期待したいですが、う〜ん、どうなんでしょう。というのが正直な感想ですね。