Pocket

この記事は約 1 24 秒で読めます。

家庭での衣替えって必ず必要?

春になって温かい時期に入ると、「そろそろ衣替えだな~」と思いますね。季節の変わり目に洋服の整理をする習慣というのは素晴らしいものです。

衣替え

衣替えの起源は平安時代にまでさかのぼります。宮中行事の一つであったそうで、夏の衣と冬の衣に衣替えしていたそうです

当然平安時代は着物ですから、脱いだり着たりだけでも何だか大変そうです。着物の管理も大変ですよね。それでも衣替えは行われていたのです。

江戸時代になってもこの風習は引き継がれました。時は現在、企業や学校では気温が変わる節目の4月と10月の時期に制服の衣替えが行われます

一般家庭では春夏秋冬と季節の変化で、クローゼットや収納ケースの入れ替え作業をこまめにする人も多いようです。また衣服をクリーニングに出すのにも季節の変わり目は最適ですね。

めんどくさくて大変な衣替え、メリットはあるの?

例えばクローゼットに収納ケースを入れているとします。

もうそろそろ着なくなった裏起毛の厚手のトレーナーが取り出しやすい中段あたりにあって、これからそろそろ着たい薄手のネルシャツが高いところのボックスにしまってあったらどうでしょう。

一言で言って、使いづらくて不便ですよね。朝、クローゼットを前にパジャマ姿でかがんだり背伸びしたりする様が目に浮かびます。

場合によっては椅子を持ってきて高いところの衣類を引っ張り出したり。朝から重労働です。でもちゃんと衣替えをしていれば朝こんな面倒な思いをせずに済みます

自分の立ち位置と目線に合わせた引き出しから季節に合った衣類を取り出せばいいのですから。さわやかで気持ちのいい朝の始まりです

さらに、きちんと季節ごとに衣類の入れ替えを行うことで、衣類を虫害から守るという効果も見込めます

衣替えを楽しくするコツとは?

衣替えをすると必ず出てくるのが、もう飽きていらなくなった服や、お子さんの場合サイズが合わなくなった服など。

これはその服の流行が終わらないうちにさっさとリサイクルショップなどに持っていき、現金化しましょう。

タンスの肥やしにすることだけは絶対に避けたいものです。いつしか収納がパンクしてしまいますから。

時代遅れになってどうしようもない衣類にまみれて泣きを見ないように。地域で定期的に行われているフリーマーケットやバザーに参加して、売るのも一案です。

この場合値段を自分で設定できるので、思いもよらぬ収入が見込めることも。衣替えをただの作業にせずに、このように思わぬ収入を生み出す工夫を入れるのが面倒な衣替えを楽しくするたった一つのポイントと言えるでしょう。

フリマアプリ

無料で使えるフリマアプリ
iPhone版アプリはこちら

Android版アプリはこちら

また、ヤフーや楽天などのオークションやフリマアプリなどに出品すればその衣類にたとえシミがあったとしても、そのことを明記さえしていればほぼ必ず売れるそうです。

近年流行している断舎利という言葉もあります。これは必要最低限のもの以外はすべて捨て去ってしまうというものです。なかなか捨てられなかった洋服などをきれいさっぱりと捨ててしまうのも手かもしれません。

このようにして衣類の衣替えはコツをおさえて楽しく上手に付き合っていきましょう。