Pocket

この記事は約 1 15 秒で読めます。

進化し続けるポケモンの世界

ポケモンとは「ポケットモンスター」の略で当初赤と緑の2タイプを同時に発売するという画期的なマーケティング戦略で世間を驚かせた、日本の誇るゲームソフトです。
ポケモン
アニメ主人公サトシとピカチュウが友情を結び、ポケモンマスターを目指して旅をしています。
2013年10月12日に発売されたポケモンXYでは新たな要素「メガ進化」が加えられ、バトルはさらに激化した模様です。
カロス地方を旅して新しいポケモンを探し、捕まえ、育てる。そうやって試行錯誤しながら攻略することがポケモンの楽しみではないでしょうか。

進化したゲームシステムの内容とは?



ファン層も厚く、子供から大人まで楽しめるのがポケモンの特徴です。親子二代でポケモンファンの家庭も少なくありません。
新たにドラゴンタイプの弱点である、フェアリータイプも加えられ、最強と思われていたドラゴンタイプに大きな弱点が生まれました。
ダブルバトル、トリプルバトル、ローテンションバトルと、その進化の波は途絶えません。
隠れ特性やパソコンと連動させた新しいシステムが、ファンの心をくすぐり続けます。

世界中に広がり続けるネットワーク

世界でも楽しまれていて、世界大会も開かれるほどです。これほどのビックタイトルになりえたのは何故でしょうか?
一つに進化を止めない、チャレンジ精神と絶えずユーザーの欲求に答え続けていくからでしょう。

ポケモンXYの努力値とは?

ポケモンには「努力値」という概念があります。強いモンスターからたくさんの経験値を一気にもらうよりも、弱いポケモンをたくさん倒して、経験値を少しずつ稼いだ方が能力が上がるというものです。
強いポケモンの作り方を解説した動画を貼っておきます。

また、図鑑が完成するとこんなイベントが待っていますよ。ネタバレ注意!

大人でも楽しめるのが特徴

著者もいちポケモンファンです。中学時代から初めて、かれこれ十三年間、大人になった現在でも新しいポケモンをプレイしています。
まさか自分が大人になってまで、ポケモンをしているとは思ってもみませんでした。ポケモンとはそれほど魅力的なゲームです。
ちなみに著者が使用しているポケモンはパッチール、ヌメルゴン、へラクロス(メガストーン所有)、カメノデス、シンボラー、ソーナンスです。
このメンツではなかなか勝利をもぎ取ることは出来ませんが、バトルに勝利した時に興奮がクセになるのです。
ソーナンスやパッチールなどのマイナーモンスターを起用し始めたのは、大人になった証拠かもしれません。

懐かしき裏技を覚えていますか?

ポケモンといえば、セレクトボタンを押してBボタンを連打する裏技を、狂うようにやった記憶があります。
子供時代にp楽しんだ子供が、大人になり自分の子供にポケモンを教える。なんとも微笑ましい光景ではないでしょうか?
そんなポケモンの歴史を振り返りつつ、これから先も見守り続けたいと思います。