Pocket

この記事は約 1 2 秒で読めます。

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害
パニック障害は強い不安感などを感じた時に、動悸や過呼吸、発汗などは起きる症状で、予期不安などを起こした時に、発症するとされている。
これまでは全般不安障害と同様に考えられていたが、米国精神医学会が発表した、DSM-Ⅲの分類に加えられた病気です。長期化する恐れもあり、精神科に通院して、薬物治療と精神医療をしなければ改善しない場合もあります。

主な原因は?

主な原因に予期不安や広場恐怖症があり、患者はパニック障害を発症した場所を恐れて、一度発作を起こすと、また発作を起こすのでなかろうかと、不安にかられて、悪循環を引き起こします。
パニック障害を引き起こすと、発作を起こした場所から逃げられない、こんな妄想にかられ、症状が悪化すると、自宅に引きこもるようになります。
さらに引きこもることにより、社会に適応できないという、不安感から葛藤が生まれて、症状を進行させてしまう場合もあります。鬱病とも合併して、発症するケースが多いです。

カフェイン、アルコールが良くない?

カフェインなどを摂取しすぎると、パニック障害を起こしやすくなります。カフェインなどの不安誘導作用が、パニック障害を起こしやすくします。
アルコールは初期のパニック障害の症状を緩和させることはありますが、長期によってアルコールを摂取すると、パニック障害を起こしやすくします。同様にドラックなどを体内にとりいれると、良くないとされています。

主な治療方法とは?

近頃有効な治療法とされているのが、認知行動医療方です。恐れている状況を自分なりに判断して、体の感覚を取り戻します。
呼吸法なども有効とされています。不安に作用されない、精神のありかたを精神医療のなかで確立していきます。
薬物治療も有効で、抗うつ剤や、SSRI、スルピリド、などが有効とされています。不安感の軽減にはベンジアゼピン系の不安薬が有効です。薬は症状が完全に解消するまで、服用しないと、症状がリバウンドする恐れがあります。抗不安剤など、服用が癖になるおそれがあるので、その点に注意しなければなりません。

ストレス社会が抱える問題。

現在はストレス社会です。個人が抱えきれないほどのストレスを抱え、日々を過ごしています。ストレスが一定値を超えた時に。病気として体外に吐きだそうとします。医師にかかることを恥じだと思わないで、通院して症状を改善して、社会復帰を目指すことが必要なのかもしれません。