Pocket

この記事は約 0 57 秒で読めます。

被ばく線量を公表しなかった?内閣調査に乗り出す

福島第一原発

福島第一原発事故が発生した時に生じた被ばく線量の数値が、避難地域で測定されていた結果が、公表を見送られていたことが24日に発覚しました。
調査結果などは住民が屋内で過ごす時間などを長く見積もるなどをして、測定を曖昧にさせていたとのことです。住民の被災地への帰ることを促す効果をみこして、測定結果を曖昧にしていました。想定外の被ばく線量を受けていたとして、批評がこれから生じてくるでしょう。

被爆とは一体何なのか?

被爆とは主に人体が放射線の影響を受けることをいいます。被爆方法は内部被ばくと、外部被ばくの二つがあり、防護する方法はその二つで異なります。外部被曝は、体の外から放射能を放つ物質によって被爆することを云います。内部被曝は、口に摂取したり、吸収したりして体内からの放射能物質からの被曝を云います。外部被爆は厚さ数ミリのアルミニウムで防ぐことが出来ます。コンクリートでは50センチも必要です。内部被爆をした場合取り込まれた代謝などを促進させて、体外に排出させなければなりません。

被爆すると体内にどんな影響を及ぼすのか

被爆をしても誰もが癌などを発症するわけではありません。被爆をしなかった人に比べると、癌になるリスクが高くなります。遺伝子への影響や白血球の異常などは、被ばく線量の大きさには関係なく、一定の影響を与えます。しかし、一定の被ばく線量を超えると発症する症状もあります。白内障などがそうです。白内障などは被ばく線量が多くなると同時に、重度の白内障になるリスクが多くなります。

福島第一原発事故をどう考えていくのか

福島原発事故は大変世間を騒がせた事件でした。事件当時から、各種メディアは信用できるのか、トーク番組では数々の議論がなされていました。事件からこれだけの時間が経過してからの問題発覚は、たいへん考えさせられる問題なのではないでしょうか。
企業や団体というものは内向きに出来ています。大抵の企業や団体は問題が発覚すると、それを隠ぺいしようと力を尽くします。民主化がここまで発達した日本という国では、問題の隠ぺいは不可能に思えます。真実をどう伝えれば国民にとってより良い暮らしができるのか、難しい問題です。