Pocket

この記事は約 1 3 秒で読めます。

理想の自分に近づきたい

ヴァニラ

自分の顔がコンプレックスで自信が持てない、あごのラインをどうにかしたい。唇をふっくらとさせたい。より強い美意識に向かって進みたい、そんな人は多いのではないでしょうか。顔のメスを入れることは大変勇気のいることです。

整形とはどういう手術をいうのか

整形とは健康目的ではない、自らの美意識の向上の為に、手術などをおこなうことをいいます。近頃では日本でも注目されている医療分野です。形成外科と整形外科とは混同されがちですが、全く違うものです。

安全性は確証されているの?

日本では美容外科が医療行為と認知されるまで時間がかかりました。実際皮膚の下にシリコンを注入して、合併症を起こしてしまったケースが多くありました。経験の浅い美容手術などでは身体への悪影響をおよぼすケースが多く、わきがの治療で死亡するケースなども実際におこっています。
豊胸手術などの乳房インプラントなど、厚生労働省は安全性を保障してはいません。

整形大国韓国の実態

韓国では芸能人が簡単に整形し、成功をおさめていることでも有名です。韓国女性の20代から30代の女性の内、76パーセントもの人が整形をしたことがあると答えました。
芸能界でも整形を告白しても、嫌悪感を抱かれず、むしろ好感をもたれるそうです。カンナちゃん大成功という整形した女性が歌手として成功する映画もあるくらいです。韓国のアイドルはデビューする前に9割の人がするらしいです。本当驚きです。

話題の金の糸とは?

しわやたるみが気になるあなたには金の糸(ゴールデンリフト)と呼ばれるものがあります。
純金を皮膚の中に埋め込んで、コラーゲンや血管の流れを良くする働きがあります。施術時間は30分程度を案外直ぐに終わります。首元のたるみや手の甲の皺にも有効です。

整形で作られた美は本当の魅力的だと思いますか?

整形をすることで人生が変わる場合がある。それは魅力的でもあり、悪魔的でもあります。日本の芸能人を見ていても、デビュー当時は目が一重だったのに、少し売れてくると二重になっていたりするものです。
整形すること自体は悪いことではありませんが、日本では現在整形疑惑をもたれると、芸能世界でも現実世界でも快く思われないケースが多いようです。
ネットで整形画像と入力すると、整形する前のタレントの写真がずらりと並びます。美しくなりたい、理想の自分に近づきたい、それは誰しもが思うことです。現在日本では整形が普通だと認知をされていないのが実態です。