Pocket

この記事は約 0 52 秒で読めます。

最近の赤ちゃんの名前を聞いてるとまるで暗号かキャバクラの源氏名のようです。

キラキラネーム

1993年勃発の「悪魔ちゃん」騒動

でしょうか。

悪魔ちゃんのお父さんは市役所にて悪魔という名前が受理されなかった、と裁判沙汰に発展させます

記者会見でお父さんは語ります。「人間界をつかさどる魔王たち、空魔、陸魔、風魔、海魔・・・その中でも最も強くそのトップに立つのが悪魔だ。」と。

そして鳴き声を上げる赤ちゃんをすかさずお母さんが「悪魔~」と悪魔ちゃんに呼びかけ抱いてあやします。

悪魔ちゃんは一躍有名人になりました。街をベビーカーで通ると一部のミーハーな女子高生たちが「悪魔ちゃん写真一緒に撮らせて~」と群がります。

その様子をお父さんは「みんなに取り囲まれ写真を取られ・・・悪魔はヒーローだった!」と両手を大きく広げて雄弁に語ります。

オカシイ、とは思ったものです。案の定数か月後、悪魔ちゃんのお父さんは「覚醒剤取締法」で尿検査の結果陽性で逮捕され、悪魔ちゃんはお母さんに引き取られ新しい名前を付けてもらい、市役所にも受理され、新しい生活をスタートさせたのでした。

計算すると今はもう成人してますね。まあ、この件は特殊にしても、もう響きだけで名前を付ける親が年々増加してるのだとか。

この間ファミレスに入ったら「ファイト!ファイト!」とやたら気合の入った人たちのいるテーブルがあり、よく観察してると、なんと「ファイト」という名前の男の子の名前を呼んでいただけだったことが分かりました。

ちなみに弟らしき子の名前は「ナイト」でした。あとは、「空助」(くうすけ)とか、姉・「とまと」弟・「パセリ」のきょうだいや、「優美聖春香菜」(ゆうびせいはるかな)などなど中にはなに人?って聞きたくなるような名前もあります。

ちなみになに人?現象はあんまりですよね。この子たちは将来改名するのでしょうか?他人事ながら心配です。

身の回りに必ずいるんですよ、こういう名前の子は。呼ぶのにハッキリ言って勇気がいるほどです。