Pocket

この記事は約 0 55 秒で読めます。

「[シザーハンズ」「ビートルジュース」「アリスインワンダーランド」「コープスブライド」などで知られる映画監督・ティム・バートンの展覧会が東京の森アーツセンターギャラリーにて開かれます。

ティム・バートンの世界

会場ではティム・バートンの歴史のすべてと言ってもいいクロッキー・フィルム・造形物・書簡などなど、およそ500点以上にも及ぶたくさんの展示品を見ることができます。

このたくさんの品々は子供のころから絵や粘土細工などに慣れ親しんできたというバートンならの品々だといえます。

たとえばシザーハンズ・・・手ははさみ、心臓はクッキーでできてる人造人間エドワード、触るもの皆そのはさみ故傷つけてしまう切ないストーリー。初恋の相手キムがおばあさんになってもそのことは知らず雪が好きな彼女のためにエドワードは自らのはさみで氷を研ぎ雪を作り続けます。何度見ても感涙モノです。

その他の作品としてはチャーリーとチョコレート工場、
ナイトメアービフォアクリスマスアリス・イン・ワンダーランドコープスブライドビートルジュース などたくさんあげられます。

幻想的でファンタスティックで、ガラスの心のような切ないストーリーが多い

この展示会は手始めにニューヨークで開かれた後、世界各地を回り、人々の人気を集めています。

どこでも大盛況なのだそうです。

もちろん、日本でも大盛況になることが予想されます。

ちなみに去年は韓国で開かれたそうです。

どこの国でも、可愛く、切なく、はかなげでもある世界をファンが堪能したということです。

そしてその展覧品の莫大な量やその密度の濃さにみんな驚きと戸惑いを覚えながらも、感激を隠せないそうです。

また、限定グッズがそこぞこで用意されているそうで、ファンはもちろんのことファン以外の人たちでもきっとそのファンタジーで透明感のあるバートン独自の世界に引き込まれること請け合いです。

ちなみに前売チケットは9月上旬から販売予定。また、2015年から関西に回ってくる予定とのことです。

地方の人もあきらめないでください!

個人的には展覧会のバスツアーなどがあってもいいくらいだと思います。