Pocket

この記事は約 0 59 秒で読めます。

強迫性障害という病気を知っていますか。

自分の意志に関係なく、同じ行為を何度も行ってしまったり、同じ考え方を何度も考えてしまったりする病気です

強迫性障害の画像

気になるあなたはぜひ読んでみて下さい。あなたの心の不安が少しでも取り除かれるかもしれません。

主な症状(チェック)

不潔恐怖

極度の潔癖症などがこの病気の一つの特徴で、何度も体を洗ったり、手を洗ったりを繰り返してしまいます。自分の体が汚いのではないか、そんな不安を抱えて何度も体を洗います。

加害恐怖

人に危害を与えることを異常におそれてしまいます。鋭利なものを見ると、自分の眼を傷つけてしまうのではないか、こんな妄想にかられます。

確認行動

何度も何度も確認作業しないと気が済まなくなる症状で、家の鍵などを何度もチェックしたりします。

自決恐怖

自決してしまうのではなかろうか、こんな不安にかられます。

恐怖症状

ある特定の言葉を云うと恐ろしいことが起ってしまうのではなかろうか、そんな不安にかられます。

保存恐怖

不要なものだと分かっていても集めてしまう。主にカンカンの箱などを集めてしまいます。

治療方法とは?

精神医療や薬物治療が主な治療方法です。

精神医療ではあえて自分が恐怖だと感じている状態にさらして、その耐性をつけて直す方法があります。個人的に行うと大変危険が伴うので、絶対に行わないで下さい。

薬物治療では抗鬱剤やSSRIが有効とされおており、医師の診断と共に服用するのが、最も良い完全方法かもしれません。

強迫性障害の有名人は?

 
サッカー選手のベッカム

坂上忍なども強迫性障害なのではないのでしょうか。

他にもベートーベンやイチロー、今田耕司さんなどが強迫神経症だと考えられています。

「メンタルヘルス」ブログ展開

強迫性障害専門のブログ「メンタルヘルス」と呼ばれるものがあります。

強迫性障害で悩んでいる、または家族に強迫性障害の患者がいるというかたは、一度そちらもご覧になられれば良いと思います。

一度診察してみてはどうですか?

強迫性障害になりやすい人に、完璧主義者なひとや責任感のある人、考え方の偏りのある人があげられます

悩んでいる方は一度精神科の門を訪ねてみてはどうですか。

長年の悩みが克服されるかもしれませんよ。