Pocket

この記事は約 1 19 秒で読めます。

カセットコンロ用ガスボンベを使って爆弾を作り、爆破予告をした女に逮捕状がだされたことで話題にあがっています。

カセットボンベで爆弾

札幌市の商業施設や警察署を爆破した疑いのある女性に逮捕状が出されました。

その女性は51歳で30日の夜に逮捕する予定だということです。関与を否定していた女性でしたが、犯行は確実だということです。

カセットコンロに使うガスボンベを使った爆破事件は五件も続いたことですが、女はそのうち二件を否定しているとのことです。

犯行予告届く、26日家宅捜索にて「逮捕状」

犯行を予告する文章などが送られており、警察は同一人物の犯行なのではないかとみています

警察の調査で51歳の女性がこの事件に関与しているのではないか、そんな疑惑が浮上して、26日家宅捜査をしたところ疑いが確定的なものとなり、逮捕状をだしたとのことです。

今月の3日に起きたカセットボンベ爆破事件の件で女に逮捕状をだしたとのことです。

5件も相次いだ今回の爆弾事件

警察や商業施設を狙った爆破事件が五件も続いていることから、警察もかなり神経質になっていたようです。

1月27日に最初の爆破事件が起こり、2月、3月とホームセンターなどで同様の爆破事件が起こりました。

合計5か所で起った爆破事件ですが、ある爆破場所にはカセットコンロ用のガスボンベで作った爆弾を設置するために、2000本もの釘が使われていたとのこと、爆破事件が起こったのは、警察関係に2件商業施設関係に3件でした。

ネット上にガスボンベを使った爆弾の作り方が…!?

インターネットがどんな人にも手軽に利用できる時代ですが、なんとこの容疑者はインターネットで爆弾の作り方を調べたそうです。

ガスボンベという身近なもので爆弾の作り方が公開されているページというのはあまりにも問題があるように思います。

悪意をもった人がインターネットを使うとこのような弊害もあるということを頭に焼き付けておかなくてはいけない事件でした。

警察、新聞社、民放テレビにも「犯行予告」送られた!?

爆破の予告をしるした文章が警察や新聞社、民放テレビなどにも送られ、民放局におくられた文章には「北警察署には晴らせないほどの恨みがある、眠れない日々が続く」と書かれており、警察に対する恨みの念が窺えます。

「爆弾で交番を狙ってやる」など次々と恨みのこもった文章を送っていた女性は、今月の26日に家宅捜査を受けて、逮捕状が出されました。

底知れぬ警察への恨み

何故警察にそこまでの恨みを持っていたのかは、現在はっきりしたことは分かっていません。

ただ「底知れぬ恨みを感じて犯行をおこなった」ことは確かでしょう。

春に増える物騒な事件

春になると変な事件が増えるように思えますね。

冬がようやくあけて神経が緩むからでしょうか、近頃物騒な事件が世間をにぎわせます。

これからの取り調べで犯行の動機や犯行時のカセットボンベの設置状況が明らかにされるでしょう。

物騒なことが続くと夜道を歩くのも不安になりそうですね。

【ガスボンベを加熱し続けると…動画】