Pocket

この記事は約 1 39 秒で読めます。

役者としてただ今活躍中の星野源。

星野源のことをぽっと出の役者だと思ってる人も多いと思うんですが、実は非常にマルチな才能の持ち主なんですよ。

星野源の画像2

まず、初めに星野源の本職は、ミュージシャンです。

インストゥルーメンタルバンド、SAKEROCKのギタリストで、時にはヴォーカルを取ることもあり、作詞作曲をこなし、さらには文筆業、映像ディレクターまでこなすという、多才ぶりなんです。

その上、役者までこなすんですから、感心することしきりです。

同業者、aikoとの出会い

星野源らの出演するイベントにaikoが友人を観に行って、星野源の楽屋にaikoが挨拶に行ったのがきっかけだと言われています。

その頃、aikoは国分太一とまさかの破局で、精神的に崖っぷちだったのだそうです。

そんなaikoの事情を知り、そっと優しく寄り添って、今にも倒れそうだったaikoを陰からそっと支えていたのが星野源なんです。

aikoはそんな星野源のおかげでシンガーソングライターを休業することなく、頑張れたんだそうです。

こんな素敵な関係の二人をマスコミがほっとく訳がありませんよね。

aiko中心の記事としてフライデーに!!

ちょっと見てください!

星野源とaikoの画像

アツアツな様子がスクープされていますが・・・。

星野源の目にモザイクがほどこされているんですね。

星野源、完全に一般人扱いですよ。

これはウケる人にはウケる、ってやつですね。

でもまあ、こんな格差カップル扱いを受けながらも、二人は急接近していきます。

事件は突然起きました

マルチぶりで忙しくしていた星野源が、レコーディングの直後に倒れたんです。

すぐさまスタッフが救急車を呼んだのですが、年末の忙しさで、ずいぶん待たされたらしいです。

やっと病院に搬送され、診断の結果は「くも膜下出血」でした。

すぐさま手術が行われたのだそうですが、手術は、ドクターいわく、

「一応、何とか成功」

と、何とも含みのある言い方で、よくよく聞いてみると、

「後遺症が残ると予想されます。全快の可能性は極めて低いでしょう。」

とまで宣告されてしまいます。

家族はそれでも、万が一のことがなくってよかった、となぐさめ合ったのだそうです。

この事を知って、aikoはすぐさま病院に駆けつけ、看病したといいます。

自分の彼氏が障害が残るかも知れない・・・それでも、献身的に支えたそうです。

手術の後遺症で「頭が割れるように痛い!」、と言う星野源の手を取り、一緒になって苦しみ、こうして二人の仲は急速に深いものへとなっていったのです。

この愛のこもった献身的な看病が功を奏したのか、奇跡的に、星野源は回復へと向かいます。

しかも、一番心配されていた後遺症は何にも残らなかったのです!

愛の力だと、周りは口をそろえた

aikoの画像

こうして見事カップルになった2人ですが、星野源はくも膜下出血を再発します。

でも、この時も一緒にいたaikoの手配によって、無事軽症で済みました。

一人っ子で、母はジャズのヴォーカル、父はジャズピアノ、と音楽一家に育った、一粒種の星野源です。

aikoは音楽の短大に行っていますから、作詞も作曲も楽器演奏も自在にこなします。

ご両親から見ても、何一つ文句のない娘さんだと思いますよ。

家族でオーケストラできそうですよね。

街でも仲良さげな目撃談が!

こんな感じで、aikoは失恋の痛手からすっかり立ち直り、星野源も病魔に打ち勝つことができました。

カップルの成り染めとしてはもう十二分ですよね。

今、アツアツだと思うこの二人のことを、破局した、と言うマスコミも現れているのですが、無視しましょう。

年齢的にもaikoは特に今度こそ結婚したいですよね。

それは星野源とて同じこと。

スポーツ新聞の一面に二人の名前と、結婚!という文字が踊り出るのを温かい目で待っていましょう。