Pocket

この記事は約 1 18 秒で読めます。

メガヤミラミが確定してことで現在ネットを中心に話題中心です。ヤミラミといえば「防御特防、HPに努力値をふって」おにび、自己回復、てだすけなどを覚えさせて、隠れ特性「いたずらのこころ」で相手をかくらんしつつ、回復して、トリプルバトルなどではかなりの活躍をみせたモンスターです。

メガヤミラミの画像1

ヤミラミってそもそもなに?

「そもそもヤミヤミってなに?」ヤミラミとはポケモンシリーズに登場する、タイプが悪とゴーストといった弱点のないモンスターです。パラメーターが低く、使えないモンスターとされていたのですが、雑誌などでその強さが改めて紹介されて、一躍人気モンスターになりました。

「イカサマ」などを覚えさせると、相手の攻撃力を反動として、ダメージを与えるのでかなり相手にはいやらしいモンスターになります。

胸の宝石が光って「防御系」にさらに進化

メガヤミラミの画像2

メガヤミラミは胸の宝石の部分が盾になって、防御、特防があがるとされています。

弱点の無いうえに、防御、特防まであがったら、トリック系タイプのメンバーを組んでいるポケモンユーザーの方からかなりの人気がでそうですね。

いやらしい人気者

メガ進化は一体しか使用できないので、その一体の影響力がはかりしれません。メガヤミラミをフィールド上に残したままにすると、戦況はかなり不利なものとなりそうですね。

ドラゴンタイプ最強神話崩れる

ポケモンXYになって戦況はかなり大荒れのようですね。メガ進化の投入で、かつては使えなかった「ジュペッタ」などもユーザーの支持を得ていますものね。

ジュペッタの画像

ドラゴンタイプがメンバーの軸となっていたのですけど、フェアリータイプの投入で「ドラゴンタイプ最強神話」が崩れましたからね。

「メガヤミラミ」使用するなら、他のメンバーに工夫が必要

ゴーストタイプって案外使えるんですよね。「ノーマル」と「かくとう」タイプが無効にされますから、トリプルバトルでのモンスター交換には最適です。

おにびなんてやれるとかなり嫌ですからね。ただ「メガヤミラミ」を使用した場合、メンバー全体の火力不足が心配されそうですね。

メガヤミラミ自体が完全に補助タイプになる上に、相手に攻撃系のメガ進化モンスターを使われると、弱いモンスターから徐々に攻められそうですから、「メガヤミラミ」の他のメンバーをどう工夫するのかが課題になりそうですね。

近頃のゲーム事情はグローバルですからね

ポケモンの画像

近頃NHKでもゲームのイベントの放送がされるようになりましたね。日本のゲームは凄いですからね。

スマートフォンの影響でこれまでゲームにふれるきかいの少なかった人も、電車の中や、待合室でピコピコゲームすることになりそうですからね。

前日もスマブラの最新作の映像がテレビに流れていました。任天堂64からの長寿タイトルが、最新ゲーム機で登場するのも面白いですね。「昔、友人と朝から晩までスマブラしたぜ」そんなお父さんも多いのではないでしょうか。

止まらぬポケモンシリーズの進化にも目が離せませんね。

「メガヤミラミの動画」