Pocket

この記事は約 1 35 秒で読めます。

天才子役として知られる本田望結の父親の職業がなにか話題になっています。一部では医者との情報もあり、様々な議論がされています。

フィギアスケートの選手としてもその才能を開花させている本田望結です。しかも、最近になってその話題になっている父親が本を出版しました。

本田望結の画像

父親の名前は本田竜一だそうで、超一流サラリーマンだそうですよ。ですから、あれだけの教育費をねんしゅつすることが可能なのですね。

本田望結「父」本田竜一

どうも経営者に近いような立場だそうで、仕事も順調にいっているそうですね。本田望結はやりたいことを十分にできる家庭だそうで、その中で自分の才能を開花させたようですね。

本田望結の父親と母親は大学生時代に知り合ったそうで、そこから数年の交際のすえに結婚したそうです。

二人が最初に出会ったのはヨットハーバーだったそうで、長女の名前を妻の名前の一部の真と帆を繋ぎ合わせて、真帆と名付けたそうです。

長男の太一もフィギアスケートの選手としてかなりの実力者だそうで、次女の真凛ともに、全日本ノービスでの優勝経験があるそうですね。

本田望結はフィギアをしながら、芸能活動をおこなっている、スーパー才女ですから、家族としての血縁も影響しているのかもしれません。

ネットでの反応

  • 「家政婦のミタとかまじでヤバかった。才能ありすぎでビビったくらい。お兄ちゃんもスケートできるんでしょう。これはかなり教育費に金をかけているわ」
  • 「家族そろってスーパーなところが凄いね。私の家庭とは大違い」
  • 「中学一年生で、あんなにカメラにかこまれて、平然としてられるなんてヤバいね。私だと絶対にビビる」
  • 「本田望結って自分のフィギアの実力に満足できてないらしいよ。演技も人生もストイックだよね」

などなどの沢山の意見がありました。どれも凄いという意見ばかりで、本田家の教育の凄さがうかがえます。普通の家庭ではやはり真似ができないかもしれませんね。

「本田家の子育てのヒント」を出版

今回、父親が出版した本は「本田家の子育てのヒント」という題名だそうです。確かにこれだけの子供たちが育成されましたから、うちの子もこんな風に育ってほしい、なんて親御さんも多いのではないでしょうか。

フィギアなどはとてもお金がかかり、一般の家庭ではできませんが、この子育て論をもとにして、第二の本田望結がうまれると凄いですね。

教育費はいくらかかっているの

四人の子供がいますから、これだけの教育をしようと思えば、かなりのお金がかかることでしょう。ですから、父親の収入はかなりのものと考えられます。

しかも、本田望結はその他にも、バレエやヨガ、水泳などあらゆる習い事をしているそうです。かなり教育熱心な親だと考えられますね。普通だと一つか二つ習わせるのが必至ですからね。

長女障害を持っているってデマそれとも・・・

長女についてメディアがなにも触れてないことから、障害を持っているのではないか、そんな噂がありましたが、どうやらデマだそうです。

他の三人の兄弟が凄すぎて、どうやらそこまで目立ってなかったのが原因かもしれません。一部ではダウン症なのではないか、そんな噂がされていました。

子供はのびのび育てるのが一番ですね

普通の家庭は普通の家庭の教育でいいような気がしますね。親の過度な期待は子供にとって、成長する機会にもなりますが、逆に重みになって、真面に育ってくれないケースが多いように感じます。

子供に期待して教育をするのが親ですが、子供が元気で毎日幸せに過ごせれば、それが一番なのではないでしょうか。

経済的に余裕のある家庭なら、教育に熱心にしてもいいかもしれせんが、人間普通の人生が一番幸せのような気もしますね。