Pocket

この記事は約 1 4 秒で読めます。

AKB48の握手会でのこぎりでメンバーに襲いかかった梅田悟容疑者(24)の取り調べが進んでいく中、事件の動機や梅田容疑者の素顔が分かってきました。

AKB48の握手会の画像

握手会当日の梅田容疑者の手荷物は用心してか何もなく、被害にあったメンバーの川栄李奈(19)と入山杏奈(18)を襲う直前にジャンパーの内側からのこぎりを取りだし、凶行に及んだということです

一部のメディアからはのこぎりの他、なたも持っていたとの情報も入って来ています。

梅田容疑者は特に暴れたり興奮する様子もなく、平穏な様子で取り調べを受けているとのことで、事件の動機については・・・

襲うのは「誰でもよかった

この発言から察すると、川栄と入山は単に運が悪かった、ということになります。

2人は当日、テントの入り口にいたのです。

ちなみに病院で傷の縫合手術を受けた2人は明日にでも退院できるとの事です

梅田容疑者の素顔・・・知人は皆一様に驚く「あの梅田君が・・・!」

梅田容疑者は青森の地元中学を卒業後、青森の全日制の高校へ入学しますが途中で通信制の高校へ編入、卒業します。

事件を知った知人の誰もがみな「おとなしかったのに、信じられない

と驚きを隠せない様子ですが、中には何人かが

ああ、あの梅田ならありうる

と自信たっぷりにうなづいたというではありませんか。

なんでも梅田容疑者は普段はおとなしく真面目で内気なのに、あるタイミングで突然キレてこわもてのヤンキー軍団につかみかかる、といった二面性を持っていたというのです

家では母と弟の3人暮らしで、父親はいないのだそうです。

今回の凶行には母親も弟も驚きを隠せなかったといいます

なぜなら梅田容疑者はAKBのグッズを持ってることもなければ、梅田悟容疑者の部屋からAKBの曲が聞こえてくることもなく、とてもファンとは思えなかったといいます。

くわえて、ほとんどの知人たちの言ってたおとなしい、内気な性格

高校を卒業後は進学も就職もせず、短期のアルバイトを転々とした後、ひきこもり、ニートの生活になったとの事です。

今回の事件は素直に認めているという梅田容疑者ですが、ファンでもないという母親の証言もありますし、一体何がしたかったのでしょう。

愉快犯にしてはタチが悪すぎます。

会いに行けるアイドル」いわゆる「AKB商法」も、今回の事件でいよいよ終わるかもしれませんね。

AKB握手会殺人未遂事件の記事も読んでみる⇒

【事件時の動画】