Pocket

この記事は約 1 7 秒で読めます。

近頃結婚しない女性も増えた中、都議会で男性議員から、心無い言葉をかけられた女性議員がいます。

18日の都議会でその発言は叫ばれました。「自分が結婚すればいいんだ」「子供を産めないのか」というヤジが妊娠や出産、不妊を悩んでいる女性の対する支援の申し立てを発言した議員に飛ばされました。

塩村議員の画像1

所属会派がこのヤジに抗議して一悶着ありました。なんとも最低な男性の発言ですね。たださえナイーブな女性の問題なのに「個人的な部分まで」指摘されてなんとも可愛そうな議員です。

国会などのヤジって酷いですからね、人権なんてものは国会においては無意味なのかもしれませんし、只々日本の国会が幼稚なだけかもしれません。

塩村文夏(プロフィール紹介)

塩村議員の画像2

  • しおむら あやか
  • 生年月日 1978年7月6日の35歳
  • 出身地 広島県
  • 学歴 共立女子短期大学
  • 前職 放送作家
  • 現職 東京都議会議員
  • 政党 みんなの党

「塩村文夏議員」涙目になりながらも発言を続ける

みんなの党「塩村文夏議員」35歳です。涙目になりながらも質問を続けたとのことです。女性にとって「結婚」「出産」は女の一大イベントでもあり、女性が女性であるためのとてもデリケートな問題ですからね。いくら議会といえどもヤジで女性の権限をないがしろにする行為は許されないかもしれませんね。

国会そのものがまだ男性社会なので、女性に対する配慮というものが欠けているのかもしれませんね。両角穣幹事長は抗議して、自民党の吉原修幹事長に伝えました。

議会のありかたを見直すいい機会

吉原修幹事長は「自民党が発生原因かどうかは不明だが、品位をもっと謹んで議会を行うべきだった」と云っています。確かにそうですね。

国会中継などテレビでよくやっていますけれど、訴えられてもおかしくないくらいの言葉は平気で云われていますものね。社会とはそんなものだ、とバッサリ切り捨ててしまわないで、今後の議会のありかたを見直すいい機会かもしれませんね。

塩村文夏は元放送作家で、グラビアアイドルも経験?

塩村 文夏は元放送作家で、エッセイストやなんとグラビアアイドルなんかも経験している異色の議員です。

塩村議員の画像3

ミスコンにも参加して「ミスヤングマガジン」にも選ばれているほどの美貌の持ち主です。

これからの男性像に求められるもの

「自分が結婚すればいい」「子供産めないのか」などなどの発言は男性として最低の発言なのではないでしょうか。

女性のナイーブな感情を理解してあげることも、これからの男性像に求められる大切なことかもしれませんね。

「塩村議員恋のから騒ぎ出演の動画」