Pocket

この記事は約 1 9 秒で読めます。

先日の東京議会ヤジ問題での発言が問題視されていましたね。みんなの党の塩村文夏議員に「はやく結婚すればいい」「子供を自分が産めばいい」などセクハラととられる発言しました。発言をした人物が「鈴木章浩」議員だとして、責任を感じて自民党会派を辞める動きがひろがっています。

「議員をやめるべきだ」そんな声が多数ありますが、自民党会派を辞めること今回はおさめようとしています。

鈴木議員の画像1

塩村文夏(プロフィール紹介)

塩村文夏の画像2

  • 生年月日 1978年7月6日の35歳
  • 出身地 広島県福山市
  • 出身校 共立女子短期大学
  • 前職 放送作家
  • 現職 東京都議会議員

塩村議員「晩婚化対策」の質問時にヤジ

塩村議員は晩婚化対策の質問をしていた時に、「はやく結婚すればいい」「子供を自分が産めばいい」などのヤジを飛ばされました。女性側からすると「サイテーこんな発言する議員は、男性としてもっとも恥ずかしい人間だわ」と思われた方も多いのではないでしょうか。確かにそうですね。

塩村文夏の画像1

23日の午後1時20分から会見が行われて、吉原修幹事長が都庁で発言についての処罰を云いました。

鈴木章浩議員発言を認める

鈴木議員は発言への責任はとるものの、「子供を自分が産めないのか」などの発言を自分がしたことは否定しています。問題が発生すると「誰かがスケープゴートの役割を演じなければなりませんからね」、難しい問題ですね。

「はやく結婚をすればいい」との発言にはおおかた発言を認めているとのことです。「責任をとって会派を離れたい」と申し出をだしたそうです。吉原幹事長は会見で「自民党会派から人の尊厳をないがしろにする発言がでたことは、大変恥ずかしいことで、きちんと責任をとりたい」とのことです。

市民からも厳しい声が

市民からも今回の発言に対する厳しい意見が相次ぎました。塩村議員が発言に対して異議を申し立てた時には、受理されませんでしたが、さすがにここまで問題が大きくなると、誰かが責任をとらなければならなかったようですね。

市民の声の数々

20代の女性は「わたしがもしこんな発言をされたら、絶対にゆるせない」などコメントを残しています。

70代の女性も「女性としてこんな発言は憤りを感じます。選挙で選ばれた人間がこんな発言をするなんておかしいです」などなど厳しい言葉が相次ぎました。

女性の結婚、出産に対する発言は気を付けなければ。。。

最近企業なにでも「セクハラ発言に対して」厳しくなりましたからね。女性の尊厳が確保される時代になったのでしょう。

女性の結婚、出産に対する問題は、とても女性にとってナイーブな問題なので、注意が必要ですね。

「塩村議員ヤジ問題の動画」