Pocket

この記事は約 1 6 秒で読めます。

皆さん死刑についてどう思われますか。自民党政権復帰してから、死刑執行が9人目となりました。26日法務省がまた一人の死刑執行を発表しました。2012年12月に自民党に政権が復帰しましたよね。それから谷垣法相での死刑執行が5回で、今回を含めると、計9回になんです。

死刑執行の画像1

「少し多すぎるんじゃない」「日本は元々死刑が少なすぎるんだよ」などなど意見があると思いますが、皆さんどう思われますか。

神奈川県3人殺害の犯人「死刑執行」

今回の死刑執行は2007年に3人が神奈川県坂出市で殺害された事件の受刑者で、「川崎政則死刑囚」68歳です。12年の7月に最高裁により死刑判決が下りました。

死刑執行の画像2

死刑判決が下っても中々普通は死刑が執行されないんですね。しかし、僅か2年での死刑執行と早すぎる死刑執行について僅かばかり波紋をよんでいます。

「袴田事件」冤罪と死刑の恐怖

谷垣法相に変わってから、だいたい2か月から5か月おきに死刑が執行されています。この間の死刑判決が下っていた「袴田事件」なんてありましたよね。あれは冤罪で、やく30年間も獄中生活を余儀なくされて、精神は疲れ果て、冤罪が確定するまでに認知症を患い、対人恐怖症になり、完全な検察側のミスとして世間に浮き彫りにされました。

死刑執行まで早いということは、もしかしたら冤罪の人物を死刑執行している可能性まで出てくるわけですね。

谷垣法相の意見は?

谷垣法相は「自分の欲を満たすために、殺人というもっとも恥ずべき行為をおこなった、死刑執行には十分な審査をとおしている」とコメントを残しています。

死刑囚の実態ってどうなの?

通常死刑の執行が決まっている受刑者は、毎日映画を観たり、雑誌を読んだり、宗教本を読んだりしているらしいです。刑期がないので、他の受刑者とは別の待遇を与えられます。死刑執行は当日の朝伝えられて、死刑が執行されます。死刑台の上には赤いロープがぶら下がっていて、そこに首をかけて死にます。

死刑執行の画像3

取り乱して、錯乱状態になる受刑者はこれまでいなかったとのことです。死刑が執行されてから、家族に報告がはいります。

「死刑執行」とはどんなことか

死刑問題は難しい問題ですね。人の命を法律でどう裁くのが、人が人の命を奪うことが本当に正しいのか、袴田さんように冤罪で死刑が執行されなかった場合もあります。

罪を犯した者には罰を与えなければならない、それは当たり前のことですが、死刑そのものの強化を果たすということが、今後の日本の法律にどう影響するのか心配されるところですね。

「死刑とは何かの動画」